image
設計者:松田平田設計事務所
1987年建築業協会賞受賞

敷地内の見学できるのは、本館、鉱山資料館、旧久原本部(外観)、竪抗櫓(外観)です。
本館内には鉱山に関する各種資料や国内外の鉱石岩石、鉱山機械等が展示してあります。
時間に限りがあったため、ほぼ競歩で通りぬけた今回のワタクシ。
気になった点をここでピックアップしておこうと思います。

image
この坂の左手側が記念館の駐車場になります。

image
先ず気になったのが、記念館の門柱。

image
何の素材でできたブロックなんだろう? 煉瓦じゃないし?

image
欠け目を見ると溶融スラグ(鉱滓)っぽい。

image
この資材は、日立駅すぐの塀でも見ました。

image
全く同じ素材です。

image
門を入って駐車場を抜けてから、急坂を登ります。
バス停から本館の入り口までは5分は余裕で掛かった気がします。

image
第一竪坑(下)と第十一竪坑(上)のやぐら。
作業員を地下の坑道に降ろすエレベーター施設だったらしいです。


image

image
[第一竪坑]
買山直後の明治39年2月~昭和56年の閉山までの75年間のうち、
昭和4年にやぐらを木造から鉄骨に改造したとあります。
木造の巻き上げ機ってのもスゴイな。見たいなぁ。


image
[日立鉱山坑道断面図]

image
上の図に書かれている「栄斜坑」は、駐車場脇に出入口かありました。
蒸気というか、煙というか、そんなものが流れ出ています。


image
斜面にある鉱山の出入り口と思われるもの。
コンクリートブロックで塞がれていました。


image
フェンスで囲まれた中にある山。
この下には無数の坑道が眠っているようです。


image
最も興味深いと思った坑道の透視模型。圧巻です。
バイオハザードを思い出しました。


image
有刺鉄線の手前にはこんな立て札も。

image
どこかに居ないかしら? と探してみたりして。

image
スペースは狭いですが、模擬坑道もあります。

image
手掘りの模型。
カンテラの灯りだけでは暗いので、手元


image
横坑掘進の模型。
振動で手が痺れそうですね。
白蝋病(はくろうびょう)みたいな。

image
漏斗抜きの模型の手前に並べられた鉱石。

image
1981年9月17日の最終発破によって採掘された鉱石の実物。

image
これはノミを打った穴なんだろうか?

時間無制限だったら、鉱石をじっくり見たかったところですが、すべてすっ飛ばしました。もったいない。
しかし、真の目的が次に見る場所だったため、そちらに注力することにしました。
二時間強も居る場所ではないけれど、一時間は欲しいかなぁ。バス利用者の悲しい宿命です。

image
往路でワタクシを乗せていたバスですが、復路でもお世話になりました。

その参に続く。


image
【日鉱記念館】

茨城県日立市宮田町3585
開館時間 9:00~16:00(入館受付は15:30分まで)
休館日:月曜、祝、年末年始、会社記念日(10月第2週金曜)など
入館料:無料
※予約が望ましい(ネット予約
https://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/
JR常磐線日立駅中央口①番乗り場:日立電鉄バス東河内行き⇒「日鉱記念館前」停留所(約25分)
バス運賃:440円/上記バス停間片道 ※SuicaなどのICカードは利用不可

※バスの本数は土日祝日で一日5本(2019年3末現在)
日立駅からタクシー(約20分)


【にほんブログ村】