image

寛政九年(1797年)に建てられた割元庄屋の役宅を兼ねた豪農屋敷『目黒邸』。
 
この日から飾られたというお雛様が奥の座敷にございまして、

柵越し&レンズ越しに眺めて参りました。

武士の系譜ゆえか、なかなか繊細なお雛様で、優美な感じでした。

嫁入りされた方の家柄も良かったんでしょうねぇ。

目黒邸
かなり立派な奥の座敷。
ひな壇が無いそうで、テーブルを使って飾っているそうです。


目黒邸
お内裏様の笏は紛失したのかな。

目黒邸
お雛様も衵扇(あこめおうぎ)を持っていません。

目黒邸
三人官女は、あら別嬪。

目黒邸
こちらも三方が見えないけど持っているのかな。

目黒邸
提下は足元にありますね。

目黒邸
木彫りの立ち雛が違い棚に飾ってありました。

道具類の維持って大変ですよね。子供が人形遊びに使ったり、壊れたり、紛失したり。

経年劣化もあり得るし、虫にも食われる。

しかし、その家のセンスというかランクというか、そういうものを垣間見られる気がします。

地域によっても違いがあるし、雛飾りを見て歩くのも楽しそうなので、

歳をとったらやってみたいなぁ。



image
【重要文化財 目黒邸】

新潟県魚沼市須原890
開館時間 9:00~16:00
休館日:年末年始
目黒邸資料館入館料:200円
(JR只見線 越後須原駅から徒歩5分)
※JR只見線の駅にはコインロッカーがありません
https://www.city.uonuma.niigata.jp/megurotei/


【にほんブログ村】