小出駅

 新潟県魚沼市にある小出駅(こいでえき)は、上越線と只見線の乗換駅です。
 駅舎の裏手に魚野川という清流が流れておりまして、川の名前は「魚沼を流れる川」が訛ったものという説があるそうです。鮎やニジマスなどの川魚が棲むほど水質は上質で、稲作や酒造などの産業が有名な地域に属しています。
 小出・湯之谷地区の中心部は魚野川を挟んだ東側にあります。また小出駅から徒歩5分の場所に市営小出スキー場(小出公園)がありまして、3月初旬のこの時期まで営業しています。と言っても、今年の積雪量はギリギリみたいですけどね。

小出駅
駅の入口には当地出身の俳優の渡辺謙さんが書いた駅表示看板が設置されています。

小出駅
只見線は駅舎から最も離れた場所にあります。

小出駅
電車は一日4本しか運航していません。

小出駅
只見線は二輌で運行しています。意外と利用者は多いんですね。

小出駅
融雪のため、お湯が出ていました。
たぶん、水じゃない気がする。温かい気配がしたし。

只見線
懐かしい感じの車内。漂う昭和後期感。

 只見線はSuicaが使えません。無人駅が多いのです。
 また、2011年新潟・福島豪雨の影響で、只見駅~会津川口間は未だに運転を見合わせおり、バスの代行輸送を行っています。車掌さんが車内を歩いてバスの利用について訊いてくるので、予定があればその際に告げるシステムっぽいです。

只見線
クリックで拡大

越後須原駅
ワタクシの目的地は越後須原駅でした。
長岡駅からだと片道840円。

只見線
一両はラッピング電車でした。

只見線
ちょっとファンシー。

越後須原駅
越後須原駅は無人駅でした。
券売機すらない駅を初めて見た。
これだけ立派な駅舎なのに中は箱って感じです。
降雪時の避難用なのかもしれん。
券売機がないので帰りの切符は車内で車掌さんから買います。
しかし駅間が短く、この日は車掌さんが来なかったので、
小出駅に着いてから車掌室のドアをノックして購入しました。
車掌さんから買う場合はSuicaが使えます。

image
少し歩くと、そこはまだ雪国でした。

越後須原
暖冬で、これでも例年より雪が約半分ほど少ないのだそうです。

 只見線は絶景の秘境路線と言われる路線で、行楽シーズンは大混雑するようです。日本で人気があるのはもちろん、中国のSNS微博(ウェイボー)でも「世界で最もロマンチックな鉄道」として取り上げられているそうな。
 今日は青春18きっぷシーズンではあるものの、人はそれほど利用していなかったと感じました。会津方向から乗って来る人が多いのかも?
 機会があれば、これで一方通行の旅をしてみたいもんです。そのためには身軽な旅装でないとなぁ。日本酒好きにはカート無しはハードルが高いですわ。

 何はともあれ、滞在時間2時間を精一杯使いたいと思います。帰りの電車に乗り遅れると悲惨なことになりますからな。

小出駅
小出駅で食事を・・・と思うも、徒歩15分ほど歩かねばならず、
バスを調べたけれど難解でワタクシには分かりませんでした。

【にほんブログ村】