本日はウイルス性急性角結膜炎の経過を知るため、眼科を再受診致しました。

忠実に指定の目薬と塗り薬を塗布し続けていたからか、角膜炎の可能性は消滅。

ウイルスによる視力低下は回避できたようです。

しかし、画像で見るに、緩和されているとはいえ、まだ結膜炎の症状は続いております。

全治三週間だとは言われていましたが、本当にそうなんだーと納得。

まだまだ目薬+塗り薬生活は続きそうです。ってか続きます。

薬の数は2つ減ったけれど、続くことには変わりない。

今まで拷問だと思っていた塗り薬ですが、実は綿棒を変えたのです。

すると格段に痛みが減りました。

道具って大切。

image
開封した物を撮っていますが、
目に入れるならこの綿棒は優しくてnice。


image
例えるなら、今まで使っていたものがナイロン製だとすると、
これは天然コットンって感じ。
滑らかな肌触り、っつーか目触りです。

今まで使っていた綿棒も、別に悪いものではなかったのですが、

肌触りまで考えたことはありませんでした。

この綿棒にしたことで、塗り薬を続けられそうです。

ってか、目薬と塗り薬を止めると、再びウイルスが増殖するのだそうです。

今は他人様に感染はしないらしいのですが、増えたらきっとヤバいよね。

再び出勤停止ってことになるのも大変なので、素直に薬を点眼し続けたいと思います。

会社でアデノウイルスに罹患した人が居ないのが救い。

早い段階で処置できて、本当に良かったです。

現在、インフルエンザが爆発的に流行していますが、

マスク必携でウイルスの波を掻い潜りたいと思います。

免疫力低下中なれど、罹患しないといいなぁ。


【にほんブログ村】