金岡邸

富山市内にある『薬種商の館金岡邸』。

ずーっと行きたいと思っていたのですが、今回の旅でその願いが叶いました。

富山地方鉄道で電鉄富山駅から3駅程度のところにある「東新庄駅」で下車。

カフェに立ち寄ってからこちらにやって参りました。

周囲には古い建物が数件あり、いいロケ地になりそうだなぁと思っていたら、

実際、岡田准一さんの映画のロケ地になったそうです。

こんど、映画を観たいと思います。


金岡邸
[旧金岡家住宅門]
登録有形文化財(建造物)


金岡邸
瓦葺の薬医門で賓客用。

金岡邸
[旧金岡家住宅新屋]
登録有形文化財(建造物)


金岡邸
屋根には贅沢にも懸魚があります。

金岡邸
門には「明治天皇町新庄村御小休所趾」と刻んだ標柱が建っています。
※明治天皇は新屋部分にあった旧草野邸に小休しましたが、
その後草野家は没落しています。
隣家だった金岡家がその跡地を買い取り、後に標柱を建てました


金岡邸
[旧金岡家住宅主屋]
登録有形文化財(建造物)
母屋部分は瓦葺の木造2階建て。


金岡邸
母屋の一階庇は檜皮葺っぽい。

金岡邸
明かり取りの小さな塔屋があります。

金岡邸
一部外壁は鼠漆喰っぽい。

金岡邸
複数の建物が、国の登録有形文化財に指定されています。


金岡邸
壁一面の薬たんす(百味箪笥)が圧巻。

金岡邸
店名「丹霞堂」の扁額は明治の書家・日下部鳴鶴の手によるもの。

金岡邸
こんなところにライチョウがいました。
これ、可愛い。


金岡邸
母屋の隣に新屋が増築されています。結構広い。

金岡邸
ミセには、薬の看板が所狭しと飾られていました。

金岡邸
ミセの奥の母屋の吹き抜け部分。
立派な梁が組まれています。


金岡邸
母屋から新屋へ続く廊下の開口部は、ガラス戸の意匠がおしゃれです。

金岡邸
廊下の梁には磨き丸太が使われていました。

金岡邸
床はヒノキかな。一枚板が贅沢です。


金岡邸
新屋の玄関。
来賓用の玄関ゆえ、豪華です。畳敷きだし。


金岡邸
備品も寄贈されたっぽいですね。太っ腹だ。

金岡邸
襖絵も素晴らしいのです。


金岡邸
新屋の回廊も畳敷き。
当時は高価だったであろうガラスがふんだんに使われています。


金岡邸
二間続きの大きな座敷は圧巻の造りです。
ってか、回廊の照明器具の設置数も多いし。


金岡邸
玄関から座敷を望む。筬欄間が凄まじいです。
手前の襖のモダンさに違和感があるのですが、貼り換えたのかな?


金岡邸
個人宅としてはあり得ないほどの格調の高い「折り上げ格天井」!

金岡邸
身分の高い人のための天井でございます。

金岡邸
床の間の天井など、見えない部分も凝った造りになっています。

金岡邸
書院造りの豪華な床の間。

金岡邸
何やら引手のようなものが付いています。

金岡邸
何かの角?を使った・・・これは飾りなのだろうか?

金岡邸
モダンな組子障子。

金岡邸
書院の彫刻欄間の模様が蛾に見えてギョッとした。

金岡邸
時間が無くて見学をすっ飛ばした部屋もあります。

金岡邸
庭に出られないのが残念です。

金岡邸
母屋側面は板張りになっています。

金岡邸
奥に見える土蔵も文化財に指定されています。

金岡邸
ロケ地として使われた映画のポスターが貼ってありました。

金岡邸


圧倒的な財力を見せつけられた感のある建築物です。

凄まじいです。

どこを見てどこを撮るべきかで迷いまくる内容でした。

美術鑑賞といえる建物だと思います。

再訪して、見逃した個所をじっくり見てみたいかも。

ってか、岡田准一さんの映画を見てみたいです。

どんな映像になっているんだろう?

気になります。



金岡邸
【薬種商の館金岡邸】

富山県富山市新庄町1-5-24
(最寄り駅:富山地鉄本線 東新庄駅)
開館時間 9:30~17:00
休館日:火曜、年末年始
http://www.bunka-toyama.jp/kanaoka/


【にほんブログ村】