旧金山図書館


太田駅からほど近い場所にある『旧金山図書館』は、

奇跡的に空襲で焼け残った大正時代の木造建築物です。

現在は図書館としての機能はないものの、

太田市内で現存する最も古い図書館になります。

旧金山図書館は明治・大正時代の太田出身の実業家である葉住利蔵(1866~1926)が太田地方の文化発展のため、私財を投じて建設した私立の図書館で、大正11年(1922)5月1日に開館したもの。木造平屋建て、入母屋造り桟瓦葺で、閲覧室40坪(132平方メートル)と玄関3坪(約10平方メートル)からなります。
閲覧室は床を高くし、基礎には石組が使用されています。天井は床から14尺(約4.6m)と高く、湿気を防ぎ、建物の耐久化が図られています。窓は開閉自在の上下窓で、通風・採光が十分配慮され、図書館機能が建築構造の中によく活かされています。
建築当時は閲覧室のほか、二階建て土蔵造りの書庫、管理者用の和風住宅が付設されていましたが、現在は残っていません。
その後、図書館は太田町に寄付され、現在は太田行政センターの別館として使用されています。明治・大正時代を通じての木造公共洋風建築としては、市内に現存する唯一の建物です。
建物の保存状態は良好で、群馬県内に現存する草創期の図書館建築としても重要です。


日本ガス協会のホームページによると、ここにガス燈があるらしいのですが、

事前知識がなかったもんで、見逃しました。残念。

建物に向かって左側にあったっぽいですね。


旧金山図書館
まだまだ暖かい気候ゆえ、草木か茂っており、
外観はスッキリとは見えませんでした。


旧金山図書館
開口部は大きく取ってあるため屋内は明るいです。

旧金山図書館
これぐらいあ明るい。
※窓の外から内部を撮影しています


旧金山図書館
玄関ドアは左右にあります。

旧金山図書館
擬洋風の外観ですが、屋根は和風。
瓦には「金山」の文字が見えます。

冬になればもう少し外観をスッキリと捉えることができるかもしれませんね。

古い建物がほとんど残っていない太田市にあっては、貴重な建物たと思えました。



旧金山図書館
【旧金山図書館】

群馬県太田市本町27-9 太田公民館敷地内
太田駅から徒歩8分


【にほんブログ村】