image

JR常陸大子駅から徒歩圏内の場所にある『だいご味らんど 本店』は、

奥久慈大子の生産者が栽培している作物や加工品などを販売する農産物加工直売所。

久慈川の傍にある道の駅内にあります。

街なかからは若干離れているのですが、歩けなくもないので、

のんびり、だるだると歩きながら立ち寄って参りました。

奥久慈といえばリンゴだそうで、東京では出回らない品種も多々あるらしいです。

そんないまだ食べたことのないリンゴ目当てで『だいご味らんど本店』へ。


image
各リンゴ園ごとにコンテナに入っているリンゴたち。

image
ミックスで入っている袋もあれば、単品もあり、なかなか迷います。
試食はありますが、同品名別リンゴ園が複数あったりして、
いったいどれが試食のリンゴなのか判断に困ります。


image
一番人気なのは左端の「パインアップル」というリンゴでした。
パイナップルではなく、パインアップル。
命名した人に話を聞いてみたい。


image
母のセレクトで、「陽光」と「パインアップル」という品種を購入しました。
だいたい一袋千数百円ほどです。


image
大子町ではお茶も有名らしいです。
重いので買いませんでしたが、次回はチャレンジしようと思います。


image
やはり大子町で作っている新米も並んでいました。
生産者がいろいろで、ものごっつい迷いました。
情報と熱い思いを闘魂注入しているっぽいコチラの一袋を購入。


image
野菜も買ってみました。
ハヤトウリってのにチャレンジです。(左側)

先のエントリー記事にも書きましたが、大子町といえば蒟蒻。

これは何が何でも買わねばならんと思い、探してみました。

スーパーでみるような形状のものもあれば、初めて目にする商品もあり、

なかなか面白かったです。

image
高野豆腐ならぬ、凍み蒟蒻。
意外とお高いのです。


image
やはりわざわざここまで来たからには、生っぽいものが欲しい。
生っていう表現がアリなのかは不明ですが。


image
ワカラン(選べん)ので複数買ってみた。
ものごっつい重かったです。


image
帰宅後、刺身こんにゃくを頂きました。
癖が全くないので、黒みつで食べられるんじゃないかと思えるほど。

こんにゃくダイエットだとか、りんごダイエットだとか、

そんな食材ばかりを購入しましたが、

一気に食べればダイエットなんてものとは無関係だってことがよくわかりました。

でも、次週、黒みつを買ってこようと思います。



image
【農産物直売所・だいご味らんど(本店) 】

茨城県久慈郡大子町大子835-6
(JR常陸大子駅から徒歩3分)
営業時間 8:30~17:30
(冬期12月~3月は8:30~17:00)
定休日:元旦
http://www.daigo-miland.com/index.html


【にほんブログ村】