image

足利市は室町幕府を開いた清和源氏義家流・足利氏発祥の地です。

『巖華園(がんかえん) 』所有者の中島家は、足利氏ゆかりの旧家で、

慶長2年(1597年)に足利義久という名を中島主膳に改めたそうてす。

戦後、社交倶楽部として巖華園倶楽部が発足。

旅館(旅荘)となったのは戦後で、

檀一雄をはじめとし、近年では内館牧子さんなどの文人墨客が逗留し、

数々の作品を執筆しているそうです。

image
[表門]
国登録有形文化財


image
巖華園(がんかえん)についての説明プレートが設置してあります。

image
表門は間口5.5mの腕木門。

image
表門を内側から望む。

表門、主屋、新蔵、蔵、旧書院、旧馬屋、好時亭(旧外蔵)の7棟が国の有形文化財に、

谷文晁が作庭し、渡辺崋山が命名したとされる庭園は、登録記念物に指定されています。

image
子どもは入ってはいけないとされている庭。
石が多くて転ぶと危ないからでしょうね。


image
食事をいただく部屋から庭が望めます。

image
この石だらけの庭には、富士山から運んだ岩もあるとか(祠の辺り)。
そして山に向かって敷地が続いており、
「屋敷墓」と呼ばれる一族のお墓もあるそうです。
巖華園は足利市の市街地北部に所在し、足利学校から古刹行道山浄因寺に至る谷筋の入口に位置する。所有者の中島家は源姓足利氏の流れをくむ旧家で、慶長2年(1597)に足利義久は中島主膳と改めて初代を成し、江戸時代末期、10代目休造(生年不詳〜1881)の頃には、現在の屋敷構えが整えられていたことが絵図等の史料から窺える。
家伝によると、本庭園は江戸時代後期の著名な南画家、谷文晁らが作庭し、その弟子、渡辺崋山が命名したと伝えられる。江戸時代末期以降、知識人に好んで造られた「文人の庭」の様子を良く遺す事例であり、中国の山水画に描かれる風景の雰囲気を模したところに特徴がある。

image

桜が有名だそうで、その時期と隣の駅の「あしかがフラワーパーク」に藤が咲く時期、

近くのファームでワインの収穫祭がある時期は人気があり、宿泊希望が殺到するようです。

巖華園の客室は母屋・離れを合わせて全6室(和室3室、ツイン3室)。

宿泊のみならず、会食でも利用可能(要予約)で、法事などで使われることも多いとか。

昼食は現在、a. 4,000円、b. 4,500円、c. 5,000円と500円刻みで分かれており(税・サ別)、

aは7品の基本形、bはそれにデザートが付き、cは焼き物が1品プラスされるそうです。

我々はデザート付きのコースをお願いしました。

image
手前が胡麻豆腐。むっちりとした食感です。
自転車利用なので飲み物はお茶をお願いしました。


image
お椀の蓋を開けると煮物類が入っていました。

image
年季の入った器ですね。
アンティーク感があるわぁ。


image
お刺身はマグロの上に細切りの山芋が乗っています。
自分でもやってみようと思いました。奥は湯葉。
ツマにはミョウガが混ざっています。


image
揚げ物と焼き物。
揚げ物はレンコンのはさみ揚げで、塩味がしっかりと付いていました。


image
名物らしいホイル蒸し。

image
中は茶碗蒸しと一緒です。
茶碗に入れずにホイルに入れるんですね。
液体だから包むのが難しそう。


image
ジャガイモのチーズ焼き的なもの。
この辺りでお腹がいっぱいになって来ます。


image
白玉団子の中には貝柱が入っていました。
お出汁も貝柱のそれ。


image
御飯は、おにぎり。
パック詰めにしてくれているので持ち帰れます。
ビニール袋も貰えます。
木の芽のおにぎりと、焼きおにぎり。
サイズも味も絶妙でした。
手前は大根の浅漬け(奈良漬け入り?)。


image
デザートは黒みつの寒天寄せのようなものとアイス。
食感は蒟蒻のようで、なかなか面白い一品でした。

菅原文太さんが好時亭(旧外蔵)に一か月間逗留したそうで、

毎日朝晩の料理を考えるのは大変だったろうなぁと思っていたら、

事実、女将さんが頭を悩ませて大変だったそうです。

ってことは、お料理は女将さんが考えているんですね。

サービスは複数の方が担当してくださったのですが、

最初だけ女将さんが来られ、巖華園のあらましについて説明してくれました。

ワタクシの母よりも上の年齢だと思われるのですが、

とても矍鑠としておられて、現役バリバリという感じでした。

食後に各部屋も見せて頂きました。

蔵に泊まるという機会はそれほどあるものではないと思うので、

一度泊まってみたいものです。

ここでカンヅメになったら、良い原稿が書けそうな・・・

って、先ずは才能からですかね。

image



image
【巖華園(がんかえん)】

栃木県足利市月谷町8-1
(足利駅から3,351,近くにバスは走っていません)
営業時間 チェックイン15:00 チェックアウト翌10:00
1泊2食付 一人 14,860円
カード:不可
定休日:毎月1日,15日・16日,末日
http://gankaen.it-b.com/


【にほんブログ村】