荒川家住宅
国登録有形文化財
文化財登録名:荒川家住宅(あらかわけじゅうたく)


荒川家住宅
敷地内には駐車場が完備されています。
そちら側からも入店可能です。


下館は、2005年3月28日以前は「下館市」でした。

現在は、真壁郡関城町、明野町、協和町と合併して筑西市(ちくせいし)となっています。

下館藩として城があったそうですが、今は宅地開発されて無くなっています。

実はワタクシ、関東の「館」が付く地名が混在していて(浦も混在する:浦和・浦安など)、

下館を館山、舘林などと混在してしまうんです。

そういえば、「館」が付く地名って、

軍事的な要素が強い場所だって聞いた気がするんですけど、

下館はどうだったんですかね?

幕府の直轄地にちょいちょいなっていたっぽいから、的外れって訳でもないのかな?

それについては、いずれ調べるとして、

『食の蔵 荒為』となっている荒川家住宅の内部をご紹介します。

って、ごくごく一部なんですけどね。

荒川家住宅
文化財に指定されているのは、主屋、旧店蔵、土蔵の3つの建物。

荒川家住宅
文化財プレートは分かり易く設置してあります。

荒川家住宅
こちらが駐車場側からの入口。
木塀の左側に庭があります。


食の蔵 荒為
店舗への入口。
入口の土間も良い感じですが、写真を撮り忘れました。


荒川家住宅
江戸時代に建てられた一階の和室。
奥は帳場だったのかもしれません。


食の蔵 荒為
照明器具もアンティークで可愛いのです。


荒川家住宅
廊下の突き当りにある手洗い。
一つ一つの備品が骨董品らしくて素敵です。


荒川家住宅
右側がトイレになります。


荒川家住宅
奥座敷も食事処として利用されているようです。
右側窓の上の天袋が気になる。


荒川家住宅
黒柿を使った贅沢な床の間。
なんじゃこらってぐらいの普請道楽です。
もう、なんじゃこら、しか言えません。


荒川家住宅
お高そうな螺鈿の箪笥もそのままに。


荒川家住宅
台所に続く廊下の壁にまで贅沢な窓ガラスが填めこまれています。

荒川家住宅
階段は集成材を使っていて異様に近代的だけどね。

荒川家住宅
二階から階段を見下ろしてみる。
左が台所、右に勝手口があります。


荒川家住宅
吹き抜けの階段の天井にはアールヌーボーの照明器具が。
これ、本物の名のあるやつちゃうん。
ってか、なにゆえこんなに壁ギリギリに設置してあるのかが謎。


荒川家住宅
階段を上がって左側の洋間。
とにかく凄いしか言えない空間です。
贅沢品が多すぎて何処を見ればいいのかワカラン。

荒川家住宅
美術館かな?って感じの備品の数々。

荒川家住宅
当時のままなんですって。

荒川家住宅
これがガレの作品。

荒川家住宅
暖炉のタイルも凄いし、天板は大理石だし、なんじゃこら。

荒川家住宅
螺鈿の家具も凄すぎて、なんじゃこら。

荒川家住宅
もう、短時間でどこを見ればいいか分からなくなって、天井を見ておく。
漆喰は塗り替えたのかな?


荒川家住宅
ベランダの脇のこんなところにもモールディングが!

荒川家住宅
ベランダには出られませんが、
覗いてみると床はモザイクタイル貼りになっています。


荒川家住宅
階段を上がって右側の洋間は展示コーナーになっていました。
時間がないので飛ばします。
(料理が供されるまでの短時間が見学時間)

荒川家住宅
じっくり観たいのに、これまた時間がないので撮影だけはしておいた和室。
組子細工が良いですね。


荒川家住宅
床の間も銘木を使用しているっぽい。
何の木だったかは見られなかったけど。


荒川家住宅
床の間の脇に飾られているギヤマンのワイングラス。
壺は伊万里焼か?


荒川家住宅
至る所に飾られている書も気になりますが、今回はスルーで。
こちらの床の間にも黒柿が使われていますね。


荒川家住宅
銀箔が貼られていたっぽい屏風。凄いな、これ。

荒川家住宅
一階に戻って、和室から玄関(左)を望む。
蔦が良い感じに這ってます。


荒川家住宅
土蔵に続く庭。

荒川家住宅
一階和室から庭、そして土蔵を望む。

荒川家住宅
10棟あった蔵のうち、唯一残された蔵が左側のそれです。

先にも述べましたが、料理が供されるまでの短時間での見学だったため、

じっくりとは見られませんでした。

視界に入るもの全てが凄くて、美術館に来たような気分。

和室の意匠も、床の間の銘木も、掛け軸も、調度品の何もかもが凄かった。

「なんじゃこら」の連続でした。

明治から昭和期の豪商、半端ないです。

全盛期はもった土蔵が林立していたようですが、

今でも十分、その栄華が推察できます。

個人的には、ぜひ、また来たい&母を連れて来たい文化財(懐石料理店)です。

東京駅から下館までは、休日おでかけパス(一日2,670円)が便利です。

オススメです。



食の蔵 荒為
【食の蔵荒為】

文化財登録名称:荒川家住宅
茨城県筑西市甲929
営業時間 [火~土] 11:30~14:00,17:00~22:00 [日] 11:30~14:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】