image

台湾総督府専売局松山煙草工場は1937年に建設された台湾最初の煙草専門工場で、1945年に「台湾省専売局松山菸草工廠」、1947年に「台湾省菸酒公売局松山菸廠」と改称され、1998年に閉鎖されました。
2001年に台北市政府より第99處市定史跡に指定されました。事務所棟、タバコ工場、薫醸室、第1号から第5号倉庫を史跡本体とし、蓮花池、輸送軌道及び戦後に建設された倉庫も同時に保存されています。

台湾総統府専売局松山煙草工場の跡地に作られた『松山文創園区』は、台北文化体育園区として運動場、文化活動センター、誠品生活松菸店、台北文創大樓、誠品ホテル(誠品行旅)などの施設が整備され、現在も台北巨蛋体育場(台北ドーム)が建設中です。

ドーム建設中とは申せ、工事で付近の指定文化財(建築物)とMRT(台北捷運)の軌道に亀裂などが生じたとのことで、台北市が15年5月に建築法違反を理由に工事中止命令を出しています。
建材は8割方が完成した段階で野ざらし中。

image
奥に見えるのが台北巨蛋体育場(台北ドーム)。

image
光復南路に面した建物は建設が進んでいる気がします。

image
[倉庫群及輸送帶]
現在は展覧会や展示会を行うスペースとして利用されています。


image
イベントスペース、かな。

image
建物の内外でかなりの温度差がありますね。

image
[CAFE SOLÉ 日出印象咖啡館]
営業時間 9:00~18:00


image
たっぷり入ったカフェラテ。
この日はパンナコッタがありませんでした。


image
[巴洛克式花園]
暑くて出る気にもなりませんでした。


image
[松菸小賣所(ソンヤンシャオマイスォ)]
東向製菸工場跡にある大きめのセレクトショップ。


image
この商品の購入で迷いました。
買わなかったけど。


image
[北向製菸工場]

image
本気で遊ぼうと思えば一日中遊べるんじゃないかなぁ。

image
[育嬰房(託児所)]
現、閲楽書店(Yue Yue Bookstores)


image
[機械修理廠]
現在は琉璃工房(ガラスアートギャラリー)と
小山堂(レストラン)として利用されています。
次回こそは立ち寄りたい。


ここに足を運ぶのは2度目ですが、やはり好みのスポットです。子供にはウケが悪いみたいですけど。
10月ぐらいに来ると少しは日差しがラクになるのかなぁ。
次回は冬に再訪したいと思います。


image
【松山文創園區(ソンシャンウェンチュアンユェンチュ)】

No. 133, Guangfu South Road, Xinyi District, Taipei City
台灣台北市信義區光復南路133號
交通手段:MRT市政府駅、MRT国父紀念館駅から徒歩約5分
https://www.songshanculturalpark.org/index.aspx


【にほんブログ村】