錦鯉の里


小千谷市は錦鯉の養殖が盛んな場所で、

それを間近に観賞できる『錦鯉の里』があります。

観賞池では錦鯉にえさ(100円)を与えることもできます。

昨年5月5日に、錦鯉が新潟県の観賞魚に指定れたそうです。

指定日を「こどもの日」にしたってことは、

そこも鯉にこだわりたかったんですかね。

何はともあれ、そこまで力を注ぐ本気の錦鯉を観たいと思い、

『錦鯉の里』に足を運んで参りました。


錦鯉の里
今の時期、庭には一匹も鯉は泳いでいないっぽい。

錦鯉の里
意外とお高い入館料。

錦鯉の里
今の時期、錦鯉を鑑賞できるのはこのスペースだけです。

錦鯉の里
生簀を覗くと鯉が寄ってきました。
ここでは5万円払えばここの錦鯉のオーナーになれる制度があるようです。
ここに来て、あの錦鯉はオレのだ、とか言って楽しむのかもしれませんね。


錦鯉の里
せっかくなので、鯉の餌を購入しました。1コーン100円。
コーンは容器になっていますが、
中身が無くなったら砕いて、これも餌にします。


錦鯉の里
めっちゃ寄って来た。
さながらライブ会場の熱狂的ファンに迎えられているよう。

錦鯉の里
キャーッ!! こっち向いて(餌くれ)~的な。

錦鯉の里
押し合いへし合い、えらいビジュアルになってきた。

錦鯉の里
客席にダイブするファン(錦鯉)も出始める。

錦鯉の里
意外と遠くまで撒けない餌。真下にポロポロ落ちる餌もあります。
それを理解していて真下で待ち構えるちゃっかり者の錦鯉も居る。


錦鯉の里
お高い錦鯉とは思えんビジュアルに、ちょっと引き気味のワタクシ。

錦鯉の里
それなりに餌を貰っているであろうに、かなり貪欲な錦鯉たち。

錦鯉の里
餌を巻き終えて少し離れたら、錦鯉たちも解散していきました。

錦鯉の里
入り口脇の鯉のオブジェがついたものは、公衆電話でした。
なぜここに公衆電話が!?


滞在時間は僅かでしたが、

鯉に餌をやったことで、ちょっとした達成感を得られました。

誰でも人気者(ただし錦鯉)になれる場所。

冬以外の時期は外の池に分散している錦鯉を

集約しているのがこの時期の館内の生簀なのでしょうから、

勢ぞろいした錦鯉たちに熱狂的に迎えられるのは

この時期だけのことなのかもしれません。

オススメかと訊かれると唸って悩むところですが、

お高そうな錦鯉を確実に観られる場所としては

ちょっと面白いスポットなのではないでしょうか。




錦鯉の里
【錦鯉の里】

新潟県小千谷市城内1-8-22
開館時間[3月~11月] 9:00~18:00
休館日:年末年始、臨時休館あり
入館料:510円
http://nishikigoinosato.jp/


【にほんブログ村】