旧居留地



旧アメリカ合衆国領事館だった『旧神戸居留地十五番館』は国の重要文化財です。


旧居留地に唯一残る居留地時代(1868年~1899年)の建物として有名ですが、


1995年の阪神・淡路大震災で全壊してしまいました。


その後、明治時代の建築技術と当時最新の免震技術を導入し、


元の建材を利用した復元工事が行われ、1998年に復元が完成して今に至っています。


旧居留地
2012年9月15日からここで
レストラン「TOOTHTOOTH maison15th」が営業しています。



ワタクシは未だに館内に入ったことがありませんが、


今回何より見られてよかったと思ったのが、同館東玄関脇の歩道にある遺構。


日本最古(工事期間1868年 - 1872年)の近代下水道「旧神戸居留地煉瓦造下水道」で、


国の登録有形文化財にも登録されているものです。


旧居留地
登録有形文化財(建造物)であるとともに、

旧居留地
土木遺産にも認定されています。


旧居留地
[旧神戸居留地煉瓦造下水道]
煉瓦造円形管90m及び卵形管1.5m。
英国人技師ハートの設計です。
最初期の近代下水施設であり、最初期の煉瓦造構造物のひとつ。


旧居留地
下は丸形管。

旧居留地
地上には分かり易い卵形管が展示してあります。

旧居留地
旧三河島汚水処分場喞筒場施設で見た気がしたのだけど、
気のせいだったみたい。


旧居留地
この展示物を作った人々らしき名前が管の脇の壁にありました。



最近、土木施設にもトキメキを覚えるようになりました。


いろいろ見て回りたいのだけれど、


建築物だけで手いっぱいなワタクシです。


一度、横浜のマンホール(文化財)を見に行ってみようかな。


旧居留地
[神戸市立博物館(旧横浜正金銀行神戸支店)]
平成31年(2019)11月1日まで工事のため休館中。
※同施設の向かいにある建物です(文化財)


【旧神戸居留地十五番館】
兵庫県神戸市中央区浪花町15番地
【旧神戸居留地煉瓦造下水道】
神戸市中央区浪花町・明石町


【にほんブログ村】