積善館



積善館本館から外に出たら、雪の中、大勢の観光客が記念撮影をしまくっていました。


土曜日より日曜日の方が観光客が多いエリアなんですかね。


橋の上の人々の間を縫うように街に繰り出したもんで、


散策後は別ルートで宿に戻りました。


積善館
欄干にこんもりと積もった雪。

積善館
[積善館向新(せきぜんかんむこうしん)]
木造2階建、入母屋造、トタン瓦棒葺。
積善館の山荘の残材で造ったと伝わる建物。


積善館
[積善館本館]

積善館
法面脇に積善館の私道に至る門があります。

積善館
法面に積もった雪がなんだか面白い模様になっていました。

四万温泉
私道から見える砂防堰堤も雪に覆われていました。

積善館
川沿いに並ぶ積善館の建物(左側)。

積善館
蔵もありました。

積善館
蔵の脇にある腰付き格子戸。
4枚も戸が連なっている(しかも大きさが違う)のが興味深いです。


積善館
蔵の扉に付いている鍵はかなり低い場所にありました。

積善館
本館大広間側から見た積善館前新。

積善館

積善館
[本館玄関]

積善館
玄関横にある階段は従業員用で入れませんが、
趣のある外観でした。


積善館

積善館
[積善館前新と向新]



ちなみに積善館にインターネット予約すると、3つの特典から1つ選択できます。


今回はチェックアウト時間を1時間延長する特典を選択したのですが、


おかげでのんびりと過ごすことができました。


温泉旅館でだらだらしたい時には最適な旅館だと思います。


そしてワタクシのように、文化財に泊まりたいという方にも、もちろんオススメです。


泊まらないと見られないものが沢山あるんじゃないかしら。


積善館
前日はこの程度だった氷柱が・・・

積善館
翌朝にはこんな状態になっていました。




積善館
【積善館(せきぜんかん)】

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:東京駅の八重洲側から直通バス(四万温泉号)あり


【にほんブログ村】