積善館



国民保養温泉地として第一号の指定を受けた四万温泉(しまおんせん)は、


群馬県吾妻郡中之条町にあります。


その中にある創業324年の『積善館(せきぜんかん)』は


国の登録文化財に指定されている山荘のほか、


県の重要文化財に指定されている本館がある老舗温泉宿。


「千と千尋の神隠し」のモデルになっているとも言われる場所です。


それゆえ、本館玄関前の写真を撮りに来る観光客や、


天井の高い大浴場「元禄の湯」に日帰りで入る若者がひっきりなしにやって来ます。


そんな建物に、母と一緒に泊まって参りました。


母からの誕生日プレゼントで、場所はワタクシが決めました。


千と千尋云々以前に、文化財のこの建物を観てみたかったんです。


積善館
本館に至る橋の前には真新し気な石の碑があります。

積善館

積善館
【積善館前新(せきぜんかんまえしん)】
登録有形文化財(建造物)
「元禄の湯」のある建物外観。
一階が「元禄の湯」です。


積善館
「元禄の湯」は日帰り温泉利用が可能です。

積善館
外観とは違い、内部は地下に掘れているため、天井が高くなっております。
蒸気の出口がどうなっているのかが謎です。


積善館
湯殿の入口で靴を脱いで入るとすぐに浴室があります。
浴室の一角で着替えるシステム。
内部にロッカーは無く、シャワーもない古いタイプの湯治場です。


積善館
内部は撮影禁止。
入浴中に写真を撮られたという苦情があったらしいです。


積善館
「元禄の湯」の文化財プレート。

積善館
女湯の奥・本館側「壱番舘」に待合室があり、ここにロッカーがあります。

積善館

積善館
積善館

積善館
本館の建物と軒を接して建っています。
左側が積善館の歴史資料館になっています。


積善館
歴史資料館内部。
自由に見学ができます。


積善館
竹節欄間のある帳場。

積善館
帳場の襖引手。
鶴の意匠かなと思えますがどうでしょう。


積善館
上段の間には雛壇が飾ってありました。

積善館
上段の間の襖引手。

積善館
携帯の筆記具(筆)が展示してあります。

積善館
根付もありますが、これは達磨だろうか?

積善館
[積善館本館入口]
下駄箱がありますが、今は使っていないようで、土足のまま上がります。


積善館
玄関に掲げられた許可証。
国土交通省の前身である運輸省の文字があります。


積善館
本館2階から1階玄関を見下ろす。

積善館
本館2階は山荘への連絡口となっています。

積善館
[浪漫のトンネル]
千と千尋ファンに人気の撮影スポットみたいです。
奥のエレベータで向かう先に山荘があります。


積善館
迷路のような館内。
二度ほど来れば完全に把握できるのかもしれません。


積善館
ところどころ補修はしてありますが、使われていない場所も多そうです。

積善館
本館3階からスタートする館内歴史ツアーってのもありますが、
この日は実施されていませんでした。

積善館
廊下を中央にして両側に部屋が並んでいます。

積善館
しかし、この奥は使われていないようですね。

積善館
今は使われていない部屋がツアーの集合場所になっています。

積善館
2階に降りる階段。

積善館
本館3階から橋を望む。
雪の降りが増した気がします。


積善館
【積善館廊下橋(せきぜんかんろうかばし )】
「前新」及び「向新」を繋ぐ橋。
関係者以外立ち入り禁止。


積善館
【積善館の向新(せきぜんかんのむこうしん)】
有形文化財(建造物)
現在は、従業員宿舎となっているそうです。


積善館
文化財プレートはどこにあったんだろう?

積善館

積善館

image
昼から降り始めた雪は時間を経るにつれ積もってまいりました。



チェックインは14時。


館内は山に向かって増築してあり、迷路のようです。


でも、そこが良い。


室内もお風呂も、個人的には大変気に入りました。


その話は、また後程。




積善館
【積善館(せきぜんかん)】

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:東京駅の八重洲側から直通バス(四万温泉号)あり


【にほんブログ村】