image
鳩居堂オリジナルの筆ペンがあった。
300円(税別)なり。



銀座の鳩居堂で写経用紙を入手して参りました。


筆ペンに慣れるには、写経をするのが手取り早いかと思いまして。


写経をお寺に納めに行くってのを一度経験してみたいとも思っております。


写経をする際、お香を焚いたりして精神を落ち着かせる、


ってところにも興味がありました。


紙に書きつつ祈る、というところも興味深いですね。


写経を趣味にしている人が身近に居らず、よく分からなかったもんで、


鳩居堂なら写経用紙があるかもしれんと思って向かった次第です。


写経用紙には思いのほか種類があり、なかなか面白いと感じました。


一枚幾ら、っつー高級なものもあり、


ハマるとここまで手を出しちゃうんだろうなぁとも思いました。


お店の方が大変親切に教えてくれたのも印象的でした。


書き始めたら、書道をしたくなるんだろうか?


筆や墨が欲しくなるんだろうか?


今後の広がりにもドキドキします。


まずは一度、気を落ち着けて書いてみようかな。


さて本日は、俳句手帳も調達。


買うつもりはなかったのですが、同じフロアに置いてあり、


値段が高くなかったもんで、買ってしまいました。


今までは携帯のメモアプリに俳句を書き溜めていましたが、


今年はちょくちょく吟行があるので、手帳を持っている方が良いかなと思いました。


手帳の書き始めの句って、緊張するわぁ。


そもそもこれに似合う筆記具も欲しいわぁ。


と、またまた道具が気になっているところです。


今年は万年筆の良いものを探してみようかしら。


って、毎年言ってて踏ん切りがつかないんですけど。


(完璧に自分の好みに合致するものに出会えていないともいう)


やはりこういう「紙」に文字を書くならば、


少しは見られる文字を書きたいなぁと思うわけです。


とりあえず今年は、筆に慣れることから始めようと思います。



【にほんブログ村】