メダカの稚魚
(クリックで拡大)



孵化から2週間までのメダカの稚魚を「針子」というそうです。


確かに色は透明に近い銀色だし、細いし、針っぽい。


2週間以上になってから、ようやく「稚魚」と言うようになるのだとか。


へーっ。


今回、初めて孵化して針子となったメダカと暮らしましたが、


本来であれば親と水槽を別にして育てるものらしいのですが、


それをすることなく放置しておりました。


でも、今朝発見したところによると、2匹は生存中です。


隠れる場所が多いからなんでしょうね。


いつも同じような場所に居るので、その2匹は見つけやすいんですけど、


稚魚が底に居るとは思えないので2匹だけしか居ないのかも。


それでも毎日彼らを見つけると、心がウキウキするんですよね。


可愛くて仕方がない。


こんな環境でも大きくなっている姿を見ると、励まされると言うか。


淘汰に負けない個体ってだけで、魅力的です。


この子たちは雌雄どちらなのかしら?


いずれにせよ、このまま淘汰されることなく育ってくれると嬉しいです。



【にほんブログ村】