image
パッと見では分かり難いのですが、手前に稚魚が2匹居ます。



目下の癒しは、メダカ鉢に潜むメダカの稚魚。


発見すると、かなり幸せな気分になれます。


でも実は、メダカは卵の段階から隔離しておかないと


親に食べられてしまうものなんだそうです。


稚魚を親と一緒の容器に入れておくと、全滅してしまうのだとか。


それを知ってなお、親と一緒の鉢に放置しているワタクシです。


淘汰されるものは致し方ない、と納得しております。


わらわら増えても、飼えないしなぁ。


ゆえに、こんな過酷な環境でも生き残っている稚魚を見ると


「すごいじゃん、稚魚!!」と、テンションが上がる訳です。


image
目視し易いサイズになって来ました。
※餌をやったばかりなのでゴミに見えるものは餌なんです



さて、彼らは成魚になるまで生き残ることができるでしょうか。


今後も見守りたいと思います。


image



【にほんブログ村】