image
ヌマエビ連続死亡の事件現場。




愛しのエビータが逝ってからペットロス状態のワタクシ。



その心の隙間を埋めるべく、ミナミヌマエビを購入



ガラス鉢から信楽焼の鉢に移し替えて放置していたら、



真っ赤になって死亡していました。



それを菜箸で摘み出し、



数日後にミナミヌマエビよりは強いとされるヤマトヌマエビを2匹放流。



一匹200円以上したのに、翌朝には死亡していました。



ショックが半端ない。



ちなみにヌマエビは水質のバロメーターらしいです。



ヌマエビが生息できない水質らしい我が家のメダカ鉢。



いったい、ここで何が起こっているのでしょうか?



メダカはめっちゃ元気なのに。



餌ももりもり食べているのに。



調べてみたら、ヌマエビってちょっとしたことで死亡するらしいです。



水替えし過ぎとか、水草の農薬残留とか。



そんな中で巨大化して行ったエビータは、やっぱり特別なエビだったんですね。



惜しいエビを亡くした・・・。



とりあえずは週末に、水草を増量して何らかの対応を考えたいと思います。



名前を、エビ子とエビ美にしたのが悪かったのかな。



やっぱり、エビータの方が強そうな名前だもんな。



名は体を表す。



ってことで、次回はエビゾウと命名したいと思います。



週末、捕獲に行かねば。




【にほんブログ村】