無為草堂


茶芸館ってのが台湾にはあるそうです。

それを知ったからには、一度は行っておかねば~

ってことで、台中市にある茶芸館に行って参りました。

ここ『無為草堂』を選んだ理由は、建物の雰囲気が良いから。

『無為草堂』の名前は、老子の「無為」の精神、

そして台湾早期の「草堂」建築スタイルからきているそうです。

敷地面積は400坪もあるそうな。

無為草堂
街なかにあり、ここに上写真のような風景があるとは思えない外観です。

無為草堂
煉瓦塀に覆われています。

無為草堂
チラリと見える建物が良い感じ。
窓が中華風ですね。


無為草堂
入口は角にあります。

無為草堂
額は毎日掲げるんだろうか?
雨の日とかは大変ですよね。


無為草堂
門から見える建物の入口。
良い雰囲気です。


無為草堂
赤い提灯がお店であると感じさせてくれますね。

無為草堂
入口で席に案内されるまで待ちます。

無為草堂
良い席だといいなぁ。
っつーか、奥の建物がカッコイイ。


無為草堂
こういうのを見ると、中国大陸側にも行ってみたくなりますね。

無為草堂
どこを切り取っても良い雰囲気です。そして広い。


池が見える良い感じの席に通されました。

期待通りの良い席で嬉しいです。

背中には扇風機もあったしな。

無為草堂
どのお茶が良いのかさっぱりワカラン。

無為草堂
お湯の入った土瓶。

無為草堂
お茶はアーリーシャン烏龍茶をお願いしました。

無為草堂
一杯目はオネエサンが淹れてくれます。
って、覚えられんけどな。


無為草堂
ほらっ、と見せてくれるも、
どこがポイントなのかさっぱり分からず。


無為草堂
ここからは、写真を貼る順番が間違っているかもしれません。
以下、適当に貼っておきます。
知っている人は、間違い探しをしてみてください。


無為草堂

無為草堂

無為草堂
写真が多すぎたので多数割愛。

無為草堂
そして、飲んでみろと言われる。

無為草堂
茶盃に移して、左手の器の香りを嗅ぐ。
ふむふむ。なるほど。←といいつつ、臭覚の弱いワタクシ


無為草堂
当たり前ですが、直ぐに飲んでしまいました。

無為草堂
何杯淹れられるのかは分かりませんが、お湯を投入。
※同行者が


無為草堂
茶葉が結構膨らんで来ました。
今で何杯目だろう?


無為草堂
ごくごく飲めるように容器に入れて貰う。
※同行者に


無為草堂
ふと思ったけれど、これだけ道具が細々とあると、
洗うのも乾かすのも大変でしょうねぇ。


無為草堂
二人分頼んだのだけれど、一袋で充分でした。


なかなか面白い経験でしたが、作法などを全く覚えられませんでした。

飲むのが専門で、実は茶道に興味が無いのかもしれません。

いつかは開眼する日が来るかもしれませんが、

それまでは気軽に楽しむってことに専念したいと思います。

ちなみにワタクシはジャスミン茶が好きです。


無為草堂
【無為草堂(ウーウェイツァオタン)】

台灣台中市南屯區公益路二段106號
営業時間10:00~23:30
[ランチ]平日11:30~14:00 土日祝11:30~14:30,[ディナー]17:30~21:00
休業日:無休



【にほんブログ村】