image
駅の名所案内板。
なんだか寂しい。


本日は青春18きっぷを利用して静岡県にやって参りました。

本当は清水に行こうと思っていたのですが、本日は生憎の曇り空。

清水はまたの機会に行くことにしました。

日中に近付くにつれてどんどん気温は上昇するものの、

昨日よりは遙かにマシという静岡県。

昨日は日本で一番暑かったのだとか。

さて、下車したのは由比駅。

実はここに文化財に指定されている建物があるんです。

それを目当てに町を散策することにしました。

由比と云えば、東海道五十三次の16番目の宿場「由比宿」で有名ですもんね。

image
ってことで、東海道をちょこっと歩いてみることに。
約3~4kmぐらいですかね。

image
由比は桜エビの街でもあるようです。
めちゃくちゃ桜エビを売るお店があります。


image
ワタクシは読めなかったけれど、有名らしい「薩埵峠(さったとうげ)」。
富士山が見える由比一番のビュースポットなんだそうです。
「是非登るべき、次回はリュック背負っておにぎりと水筒を持っておいで」
と地元の方に強く勧められました。


image
ちなみにこの看板がある辺りからは「30分ぐらい」と地元の方は言ってましたが、
約3kmってことは、45分はかかると思う。


image
ちょっと興味深いものを発見しました。

image
以前は照明器具が付けられていたようですね。

image
ノア精密の時計みたいです。

image
電波時計ですね。

image
こちらは観光案内サイトによると
「由比の時計台」という名称が付いているようです。


image
昭和5年の時計台ってことは、
昔はどんな時計が入っていたんですかね。


image
[名主の館・小池邸]
国登録有形文化財


image

image
入館は無料みたいです。

image
玄関脇のなまこ壁。
綺麗に塗り直されていますね。


image
綺麗に整えられた屋内。

image
修繕されてるなぁ~。

image
壁の漆喰も綺麗だし。

image
天井も張り替えられています。


image
[あかりの博物館]
静岡県静岡市清水区由比寺尾473-8
古灯具を中心に1000点以上が展示されているそうです。


image
風情のある建物が並ぶ街道。

image
なるほど、この辺りは津波の被害を受けないんですね。
まあ、海抜11m以上あるっぽいし。


image
もの凄いバランスで電線にとまっている鳩。
何かとまり方に違和感があるわ。
(写真は拡大できます)


image
ああっ、蒲鉾屋さんがあるぅ。
しかし、保冷バッグを忘れた。


image
お総菜屋さんのようですね。
一番下が魅力的。


image
暑くなって来たので飲み物を買います。
期間限定だから売切れにしているのか、
はたまた人気だから売り切れたのか、
ちょっと謎です。
その隣も気になる。買わないけど。


image
野菜の無人販売コーナーもありました。
買いたくてムズムズしたけど、まだまだ歩くので断念。残念。


image
この街道ではこういう建物を多く見ます。

image
せがい造りと言うんですね。

image
で、こちらが「下り懸魚」。

image
鶴と松の繊細な彫刻が綺麗な懸魚ですね。

image
缶詰の直売所ですってー。
後ほど地元の方に伺ったら、
これ目当てでここまで来る観光客も居るそうです。
土日は休みらしいんですけどね。


image
またまた惹かれる看板を発見。

image
左端の「はだかいわし」がめっちゃ気になる。
よく考えたら、自分宛に送れば良かったかも。


image
結構歩いてきましたが、まだまだ街道は続きます。
気温が暑いし、日差しが熱い。


小池邸で食事処について情報を頂いたので、今度はそちらに向かいます。

由比駅まで戻って、そこから1.5kmぐらいかな。

開店時間までだいぶ時間があるので、のんびり歩いていこうと思います。

後編につづく。


image
【名主の館・小池邸】

静岡県静岡市清水区由比寺尾464-9
開館時間[3月~10月] 9:30~16:30,[11月~翌年2月] 9:30~16:00
休館日:月曜、祝日の翌平日、年末年始(12月26日~1月5日)

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ