大井俣窪八幡神社
[大井俣窪八幡神社(おおいまたくぼはちまんじんじゃ) 鳥居]
重要文化財
昭和28年2月18日指定


ブロ友のEnnaさんと共に、青春18きっぷで山梨市に行って参りました。

今回の目的地は大井俣窪八幡神社。

東山梨駅から2km離れたところにある神社です。

本日の天気予報は雷雨。

しかしワタクシは晴れ女だし、雨に降られる予感が無いしで、

傘は持たずに外出しました。

案の定、山梨市はがっつり晴れ。

日射しがジリジリと身を焼く、脱水症状待ったなしな一日でございました。

(個人の感想です)

さて、タクシー利用をもくろんで、山梨市駅で下車した我々。

乗り込んだタクシーのおっちゃんに行き先を告げると、

どこ? それ?的な反応が帰って来ました。

結論だけ言えば、「大井俣窪八幡神社」では地元の人には通じません。

「八幡神社」とだけ言う方が通じやすいかも。

つてか、そもそもそこに行こうとする観光客は殆ど居ないのだそうな。

同額料金で「甲斐国一宮浅間神社」に連れて行ってあげるよ、と言われたものの、

「初心を貫くわ」と言って、大井俣窪八幡神社に向かって貰いました。

山梨市駅から同神社まで約1200円。

帰りもあるので、おっちゃんに名刺を貰って別れました。

この後、このおっちゃんにはとてもお世話になることになるのですが、

その話はまた別のエントリーでするとして、大井俣窪八幡神社についてご紹介します。

【由緒など】清和天皇の勅願により、貞観元年(859年)に宇佐八幡宮が勧請されたのが始まりといわれている。当初は笛吹川の中島の大井俣の地に建立され、後に現在地に遷座した。一帯は中世に八幡郷が成立。戦国期には甲斐国守護武田氏の崇敬を集め、現在の本殿は応永17年(1410年)に甲斐守護武田信満が再建したものである。永正13年(1516年)には駿河国の今川氏が甲斐西郡の国衆大井氏に加担し甲斐国内に侵攻し、この際の兵火により社殿の多くを消失し、現存する建造物の多くはこの後に再建されたものが多い。本殿は永正16年(1519年)に甲斐守護・武田信虎により造営された。これは大永2年(1522年)に造営された山梨市大工の天神社本殿と一連のもので、両社は古代条里制を利用した東西中軸線によって結ばれ、建築様式にも共通性が見られる。


実は境内にある建物のうち9棟11件が国の重要文化財に指定されているんです。

大井俣窪八幡神社
鳥居の扁額。

大井俣窪八幡神社

大井俣窪八幡神社
[神門]
重要文化財
屋根は檜皮葺です。


大井俣窪八幡神社
「窪八幡神社神門 附(つけたり) 石橋1基」の名称で
昭和24年2月18日重要文化財指定。
花崗岩製の石橋は天文4年(1535年)高遠石工による造立の銘を持つそうな。


大井俣窪八幡神社
左手が手水舎。その奥に重要文化財指定の末社があります。

大井俣窪八幡神社
立派な石垣の手前に鎮座する狛犬。
こちらは石製ですが、この神社には戦国時代の木製の狛犬が現存するそうな。
山梨県指定文化財として現在は宝物殿に保管されているそうな。


大井俣窪八幡神社
阿形。

大井俣窪八幡神社
吽形。
ちなみにこの狛犬の制作年はワタクシには分かりませんでした。


大井俣窪八幡神社
この石垣が凄いと思うのだけれど、
特に何の指定も受けてはいません。


大井俣窪八幡神社
[窪八幡神社拝殿]
附(つけたり)鰐口1口と共に昭和24年2月18日重要文化財に指定。


大井俣窪八幡神社
扁額に何と書いてあるのか読めまセン。

大井俣窪八幡神社
拝殿にはほとんど何も置いていませんでした。

大井俣窪八幡神社
[本殿]
文化財指定は受けていないようです。


大井俣窪八幡神社
[窪八幡神社摂社若宮八幡神社拝殿]
重要文化財


大井俣窪八幡神社
拝殿の「拝」の字に、手偏だからそうなるよな~と納得してみたりして。

_CIMG2228
【奥】窪八幡神社摂社若宮八幡神社本殿
昭和24年2月18日重要文化財指定。


大井俣窪八幡神社
[窪八幡神社鐘楼]
昭和54年12月28日山梨県指定文化財に登録。


大井俣窪八幡神社
達筆な文字が見えにくくなっています。

大井俣窪八幡神社
鐘にある文字。

大井俣窪八幡神社
社務所はあるものの、人の気配はありませんでした。

大井俣窪八幡神社
地図らしきものがありましたが、何が何やら。


周囲にお住いの方々に伺ったところ、

こちらは通いで管理をされている神社なのだそうです。

ゆえに御朱印は相当ラッキーでないと頂けないようです。

「他の仕事もされているからねぇ」

という情報も頂き、人の気配が無い理由に納得致しました。

重要文化財の宝庫なのに寂しい感じがして勿体ないなと思いますが、

マニアの方々はもれなく訪れるらしいので、

まあ、これはこれで良いのかも。

ほとぼりを冷まして再訪したいと思います。


大井俣窪八幡神社
【大井俣窪八幡神社(おおいまたくぼはちまんじんじゃ)】

山梨県山梨市北654
主祭神:誉田別尊、足仲彦尊、息長足姫尊
創建:貞観元年(859年)



【にほんブログ村】