富士山



実はワタクシには行ってみたい場所があります。


それが山部赤人の和歌にある「田子の浦」。


でも未だにあの和歌が正確に覚えられなくて、何度も何度も挫折しております。


「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」


これを毎度、阿倍仲麻呂の


「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」


とミックスさせてしまうんです。


田子の浦ゆ ふりさけみれば 真白にそ 富士の高嶺に雪は降りける


と。


田子の浦ゆ うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ


とか、


田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白に 富士の高嶺に 雪は降りけ


とか。


万葉集なのか、古今集なのか、百人一首なのか、


どれやねん!!!


ってぐらい混ぜ合わせちゃってます。


ってか、そもそも山部赤人の和歌の方は、万葉集と百人一首を混ぜて覚えちゃうよね。


【万葉集】
 田子の浦 うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける


【新古今和歌集・百人一首】
 田子の浦 うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ


っつーことで、実際に田子の浦に行き、砂に書けば、


その体感によって覚えられるんじゃないかと期待しているところです。


できれば、富士の高嶺に雪が降っている時期に行ってみたい。


ちなみに、「田子の浦ゆ」の“ゆ”が学生時代は謎でしたが、


これは格助詞。


~を通って、という意味があるため、


田子の浦を通ってうち出でてみないと富士山は見えないってことです。


もう一つの「田子の浦に」は、文字通り田子の浦がうち出でてみるポイント。


通過して別の場所に行かないと富士が見えないってのと、


その場所でも富士が見えるってのに違いがあります。


つまりは万葉集で言う「田子の浦」と、


新古今和歌集・百人一首で言う「田子の浦」は位置が違うってことらしいです。


何はともあれ、もうそろそろ正確にこの和歌を覚えんとね。


ってことで今度、とりあえずは静岡県に「うち出でて」富士山を見てみようと思います。



【にほんブログ村】