とらや工房



静岡県御殿場市にある『とらや工房』。


赤坂に本店のある虎屋の系列店で、


職人がその場で手作りしている工房です。


予てより訪れてみたいと思っていた2007年10月開業の施設でして、


実は建物が東京大学名誉教授の内藤廣氏の設計なんです。


満を持して、本日、青春18きっぷを利用して母と行って参りました。


我々は御殿場駅からタクシーを利用しましたが、


タイミングが合えばバスでも行けます。


とらや工房
元は華族の別荘だったとかなんとか。

とらや工房
この山門もその頃のものだそうです。

とらや工房
竹林の道を進むと・・・

とらや工房

とらや工房
建物が見えてきます。

とらや工房
元別荘の2000坪の敷地が、現在は虎屋によって整備されております。



朝10時オープンのお店ゆえ、開店すぐぐらいの時間に行きましたが、


すでに人がいっぱい居ました。


人気店なんですねぇ。


とらや工房
少ないスタッフで回しているため、
セルフサービスの仕組みが確立されています。


とらや工房
クーラーの利いた室内と、
爽やかだけれど蚊の襲撃に遭う屋外席があります。

とらや工房
土日祝日限定だと言われるとそちらが気になります。

とらや工房
しかし、葛まんじゅうも捨てがたい。悩ましいです。

とらや工房
[赤飯大福 540円(税別)]
お茶はお代わり自由です。


とらや工房
むちっとした食感で美味でした。
歩き回らないのならば買って帰りたかったほど。


とらや工房
[氷あんみつ(白蜜) 800円(税別)]

とらや工房
むちむち食感の白玉。
つやつやで綺麗です。


とらや工房
本物の味がする寒天。
かき氷に合うんですねぇ、あんみつって。
美味しかったです。


とらや工房
奥が注文カウンター。
左手の台が返却台になっています。


とらや工房
向かって右側が工房になっています。



甘味を満喫したあとで、隣の敷地にある旧岸邸(岸元首相邸)を見学。


ゆっくりと見学したのちバスの時間を調べたら、


一時間後まで無かったため、再びコチラに舞い戻って参りました。


今度はランチ代わりにお素麺を選択。


とらや工房

とらや工房
7月と8月限定の軽食である素麺。
富士山の伏流水でつくられた豆腐が添えられています。


とらや工房
素麺は小豆島産らしいです。

とらや工房
西伊豆戸田産の天然の塩は、豆腐用らしい。
お豆腐に塩を付けて食べるのって美味しいものなんですねぇ。



緑が目に心地よい環境で、爽やかな気候でございました。


御殿場って避暑地なんですね。


とても居心地が良かったです。


ただし、完全防備で行ったつもりだったのに、指先を蚊に喰われたけどな。


オススメですが、この時期は虫にご注意ください。




とらや工房
【とらや工房】
http://www.toraya-kobo.jp/

静岡県御殿場市東山1022-1
(JR御殿場駅からタクシーで15分ほどで運賃は約1,200円)
営業時間[4~9月]10:00~18:00(L.O.17:30)[10~3月]10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:火曜



【にほんブログ村】