大山崎山荘美術館


山崎と云えば、『大山崎山荘美術館』。

大阪府と京都府の境にある天王山の山腹に位置する建物です。

実業家・加賀正太郎が昭和時代初期に建物の他、庭園や道路、家具、調度品なども含めて自ら設計、デザインして建てた英国風の山荘の建物を復元整備し、1996年に美術館として開館した。
美術館のコレクションの中核は、朝日麦酒株式会社(現アサヒビール)の創業者として知られる関西の実業家・山本為三郎の収集したコレクションである。


民芸運動にかかわる作品の他に、

クロード・モネの絵画『睡蓮』連作を所有することでも有名です。

新たに建てられた地中館「地中の宝石箱」、山手館「夢の箱」は、

共に安藤忠雄の設計によるもの。

そんな『大山崎山荘美術館』に足を運んで参りました。

大山崎山荘美術館
本館は国の登録有形文化財に指定されています。

大山崎山荘美術館
足元には小さな石像がありました。


大山崎山荘美術館
建物内は撮影禁止。

山崎_男山
カフェはテラスに面しており、
木津川・宇治川・桂川の三川が淀川へと合流する景色が見られます。


大山崎山荘美術館
テラスの庇には杉玉が掛かっていました。
さすがアサヒビール・・・でいいのか?


宝積寺(宝寺)
こういう場所になっているそうですが・・・

大山崎山荘美術館
木々が鬱蒼と茂っていてよく見えません。

大山崎山荘美術館
非公開の栖霞楼は、アサヒビールではなく京都府の所有だそうです。

大山崎山荘美術館
安藤忠雄設計の地中館「地中の宝石箱」が一部庭から見えます。
ここは庭を眺めるだけの開口部で、階段の突き当たりになっています。


大山崎山荘美術館
大山崎山荘美術館
蓮の花がちらほら咲いていました。


昼に向かうにつれ、館内は大混雑。

こんなに荷重が掛かって大丈夫かいなと心配になるほどでした。

まあ、補強はしているでしょうけれど。

「天下分け目の天王山」が、今はこんなに緑溢れる場所になっているとは、

時の移り変わりを妄想しちゃいますねぇ。

ちなみに当地には吟行で来ていたのですが、

ここでは一句も思い浮かびませんでした。

「天下分け目の天王山」というフレーズが強すぎた。


大山崎山荘美術館
【大山崎山荘美術館】

京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
開館時間 10:00~17:00
休館日:月曜、ほか


【にほんブログ村】