北口本宮冨士浅間神社
[諏訪神社]
創建未詳・慶安2年(1649年)拝殿建立
昭和51年本殿再建
富士吉田市指定有形文化財
指定年月日:平成26年2月17日




諏訪神社の本殿は昭和2年に焼失し、昭和51年に再建されました。



拝殿についての記録はないものの、



元文の頃(江戸時代)のものだと言われています。



諏訪神社は浅間神社創建以前からこの地に祀られていた歴史があり、



北口本宮冨士浅間神社はその後建てられました。



北口本宮冨士浅間神社
[拝殿]

北口本宮冨士浅間神社
拝殿脇にある杉の巨樹。
かなり大きな樹です。


北口本宮冨士浅間神社
諏訪神社の御朱印も、お札もあるようです。




諏訪神社の拝殿両脇には大きな杉の木があります。



ここの間に立つと、なんだかいい気分になるんですよねぇ。



巨樹が齎すヒーリング効果ってやつでしょうか。



ちなみに、スギ花粉症のワタクシは、鼻水が止まらず、



境内で時々鼻をかみながら歩いておりました。



この時期、マスクは必須ですな。




北口本宮冨士浅間神社
【北口本宮冨士浅間神社内諏訪神社】

山梨県富士吉田市上吉田5558
主祭神:建御名方神と八坂刀売神(妻)
※北口本宮冨士浅間神社は当初、諏訪神社であったと考えられている



【にほんブログ村】