まつ川 (2)
[鱒の寿し 1段 1,500円(税込)]

実は今回の富山旅でも「扇一 ます寿し本舗」で鱒の寿司を注文しようと思っていました。

しかし9月末までの営業で、10月1日から移転準備のため休みに入るんだそうな。

ショック。

それならばと、魚津にある「魚づ鱒寿し店」に予約電話をしたのですが、

ワタクシの希望した日は大口の予約が入っているとのことで、

断念せざるを得ませんでした。

最終的にはホテルから徒歩で向かえる「まつ川」に電話。

注文日の翌日が食べごろになるようにお願いしました。

東京に帰る当日の夕方に取りに伺い、

無事に本日食すことができました。

まつ川 (3)
紙箱は大きいのですが、中身は普通サイズ。

まつ川 (4)
竹でギュギュっと圧してあるところは他店と同じ。

まつ川 (5)
毎度思うのだけれど、竹を有効活用できないものか?
って、結局は捨ててしまうんだけれど。


まつ川 (7)
取り出してみました。

まつ川 (8)
最近知ったのだけれど、笹の上から切るものなんですってね。
笹も一緒に切ると、食べる時に手が汚れないからなんだとか。


まつ川 (6)
開けてみると御飯が上でした。
ってことは、鱒に脂が乗っているってことですな。


まつ川 (9)
断面はこんな感じ。

まつ川 (10)
鱒の厚みも厚すぎず薄すぎず、御飯と半々という感じ。

まつ川 (1)
物差しを置いてみました。あ、いや、なんとなく。

昼と夕方に分けて食べたのですが、

夕方のも方が馴染んで、味がマイルドになっておりました。

食べるタイミングが重要だったのが理解できました。

以前は1,400円だったと思うのだけれど、

ちょっと値上がったんですね。

しかし、わざわざ買いに行く価値のあるものだとワタクシは思いました。

ホテルから近いので、次回もお土産にしたいと思います。

次はいつ、富山に行こうかなぁ。



まつ川
【鱒の寿し まつ川】

富山県富山市旅籠町2-10 西森ビル1F
営業時間 7:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:第2,4,5日曜(連休の場合は営業)


【にほんブログ村】