セグロセキレイ


今日は早朝から父を誘って散歩に出ました。

一時間は歩き続けていたので、

少なくとも往復4kmは歩いたんじゃないかな。

ワタクシの父はプライベートは無趣味なタイプで、

休日は、日がな一日テレビを見ていたりする人です。

この世にテレビが無ければ、生きていけないんじゃないかと思うほど。

でも、歳を取ると足腰が弱くなるじゃないですか。

毎日せめて5,000歩ぐらいは歩かんといかんと思う訳ですよ。

実はワタクシ、散歩が趣味でして、

大きな公園を散歩し続けるのは結構好きです。

で、父が散歩をするというルートを紹介して貰うって呈で、

ワタクシは朝食も取らぬままに出かけた次第です。

早朝なのにジョギングをしている人や、犬の散歩をしている人、

ぼーっと座っている人など、意外にも公園内に人が居ました。

皆さん健康に気を遣って居られるんですね。

父はけものみちのような場所を好んで歩くタイプらしく、

木々の間を縫うように進んで行きます。

父の意外な一面を知りました。

「木の根元に気を付けるんやで」とか、

「ここは坂になってるで」とか、

「段差があるからな」とか、

いろいろと注意を喚起してくれるのですが、

ワタクシは後期高齢者である父を見守るSPのような気分だったのに、

前を進む父にとってのワタクシは、

未だに注意喚起が必要な子供のままなんですね。

父に注意を促される度に、

「うん、わかった、気を付ける」とか、

「うん、ありがとう」などと応えて木の根元を跨ぎつつ、

微笑みを浮かべていたワタクシです。

仮に一緒に住んでいて、

毎日そういう扱いをされていたらイラッとするかもしれませんが、

最近のワタクシは、誰かに注意喚起されることが皆無なもんで、

なんだかとても新鮮に感じました。

そして、ふと思い当たりました。

ワタクシの場合、甥っ子の足元が危なっかしくてもコケるまで待つタイプだわ、と。

怪我をしなければ良い訳で、コケそうな時は腕を掴んで引き上げたリしていました。

逆に、「よく止められたな」とか甥っ子に感心されたりもして。

個人的には、

子供にはヒヤリとする感覚を味わわせる(味あわす)必要があると思うんですよね。

そうじゃないと、危険だと認識できないままなんじゃないかと。

痛い目に遭えば、次からは注意するだろうし。

それって実の子供には出来ないことなんだろうけれど、

実の子を持つシチュエーションは今生では来ないと思うので、

ワタクシの場合、たぶん、このままの姿勢を貫くんじゃないかな。

ゆえに、幾つになっても子供に“危ない”と言い続けるのが

実の親の特権なのかもなぁとも思いました。

肉にゅうめん
昼過ぎに帰り支度を始めようと思っていたワタクシ。
だらだらしていたら、母が牛肉入りのにゅうめんを作ってくれました。


肉にゅうめん
美味しかったので、お出汁を全て飲み干してしまいました。
ってか、素麺類を食べたのって、何十年振りだったろう?


今回も、“子供のままのワタクシ”で帰省することが叶いました。

神様ありがとう。

実家から距離のある場所に生活するワタクシとしては、

親に何かがあっても直ぐには対応出来ないため、

これから起り得る事象全てに臨機応変に対応できるよう

ウォーミングアップはしておこうと思っています。

縁起云々で乗り越えられないことも多々ある世の中。

今から逃げずに向き合う努力をしよう!

と心に決めたMay Dayのワタクシです。




にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ