image
外壁はモルタル塗りですが木造2階建ての看板建築。
創業享保三年(1718年) 
国登録有形文化財指定

約300年前の江戸時代に創業した老舗『江戸屋』は、

東京で最も古い刷毛・ブラシ専門店です。

念願かなって昨年訪れたのが10月

それから約三か月ぶりに再訪して参りました。

前回来た時は「ややこしい場所にあるなぁ」と思っていたのですが、

今回来たら、とてもシンプルな道順で到着出来ました。

やはり、徒歩ではなく電車起点だと分かり易いですな。

母が来週に自分で来ると言っていたのですが、

来られなかった場合のことを考えた保険として、歯ブラシを購入。

image
[歯ブラシ 馬毛・ふつうandやわらかめ 各400円(税別)]
これは母用とは別でストック用に購入しました。


image
[携帯用櫛型ヘアーブラシ(猪毛)]
長らく浅草にある他店のものを愛用していたのですが、
かなり劣化して来たので新しいものを購入。
お店によって差があるのかを検証したいと思っています。


image
[浴槽洗いブラシ 800円(税別)]
包装をして貰っているのを待つ間に手に取って見ていたら、
他の店員さんが「タイルも浴槽も傷付けずに洗えますよ」と説明してくれたもんで、
つい追加購入しちゃいました。


image
中性洗剤は使用可能。
酸性の洗剤だと毛が溶けるそうです。
って、当たり前か。


image
なかなか持ち易く、使い勝手も良さそうです。
しかし、お風呂ではなくキッチンで使うつもり。

以前来た時よりも店内がスッキリしていて、とても商品が見易く、

逆に誘惑も多くなってしまいました。

見るもの全てに興味が湧き、使ってみたくなります。

化粧用のブラシなどは特に。

まあ、歯ブラシに比べたら、断然お高いんですけどね。

いずれは大きめのヘアーブラシも欲しいなぁ。

これまたお高いけれど、たぶん一生ものって気がする。

次回はお財布に気合を入れて来なければ。

image


image
【江戸屋】

東京都中央区日本橋大伝馬町2-16
営業時間 9:00~17:00
定休日:土曜、日曜、祝日
https://www.nihonbashi-edoya.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ