地図




湯島天神でお参りしたのち、春日通りに出ました。



さあ、どこに行こうかな?



何も思い浮かばなかったので、地図を見ることに。



二日前に旧岩崎邸庭園に行ったので・・・



と、地図を凝視。



確かに、こうやって地図を見ると、岩崎邸って大きいんだなぁ。



越後高田藩の屋敷だったってことは、かなりの敷地面積だったんでしょうねぇ。



そこで、地図に「三菱資料館」というアイコンを発見。



ちょっとここを目指してみましょう。



湯島
ここが岩崎邸の一部だったらしい湯島地方合同庁舎。

湯島
塀が見える。しかもネットで保護されている。
瓦のみならず、煉瓦も見える。
これも屋敷の名残りなのかな?


湯島
瓦のうねりが龍の鱗に見えてくる。

湯島
修繕された感があるので、もしかしたら以前は煉瓦で出来ていたのかな?

湯島
途中、新玉ねぎを格安で売っているのを発見。
左の大袋で500円と書いてあったので心がぐら付くものの、
誘惑を振り払って散策を続けます。
今にして思えば、買えば良かったかも・・・。


湯島
三菱資料館を発見しました。
土・日・祝日は休みなんですねぇ。
マジかー。


湯島
なんか面白そうな施設ではあるものの、平日しか開いていないのであれば致し方なし。

湯島
三菱の歴史がわかるそうです。
旧岩崎邸についての詳細も、ここなら分かるかもしれませんね。
来月の平日に改めようっと。


湯島
左手の先が無縁坂。
さだまさしさんの歌でも有名ですよね。


湯島
大量のスクラッチタイルが貼られた塀を発見。
※塀の向こう側が東京大学です


スクラッチタイル
機械ではなく手で引っかいたっぽいから、昭和初期のものかも。

スクラッチタイル
新しいタイルで補修してある部分も。
斜めに分けて右下半分が新しいスクラッチタイル。
左上半分が古いスクラッチタイルです。


本郷
塀のタイルは、所々剥落したままになっています。
タイル、高いもんなぁ。


本郷
昔の前田家の屋敷の遺構と思われる石垣もあります。

本郷
この石垣の向こうも東京大学。
※東京大学は旧前田藩江戸上屋敷にできています


本郷
東京大学の龍岡門脇にある広報センター。
1926年完成。
設計:岸田日出刀


本郷
2003年度に東京都選定歴史的建造物に指定されました。

本郷

一部だけ残された煉瓦塀を発見。
学校の遺構のようです。


本郷
最も古くは、尋常小学校だったってことですかね。

本郷
[本郷中央協会]
1890年、カナダ・メソジスト教会の宣教師チャールズ・イビーによって設立。
(夏目漱石の小説「三四郎」にも出てきます)
教会の歴史は120年以上続いていますが、
この建物は昭和4年に建てられたものだそうです。


本郷
春日通り沿いで「吉ゑ門」というお店を発見。

文京区本郷2-38-14
営業時間 [月~金] 8:00~19:00 [土・祝] 9:30~19:00
定休日:日曜


本郷

野菜ジュースの専門店らしい。
一杯、小さくて600円ぐらいするみたい。


本郷
結構長らく来ていない「FIRE HOUSE」。
今日は空いてるなぁ。


文京区
ショックだったのは、いい感じの古い建築物(商店)があったのだけれど、
写真を撮る前に取り壊されていたこと。
撮っときゃよかったー


文京区
東京都戦没者霊園って、春日にあったんですね。
今回初めて知りました。


文京区
東京都福祉保健局生活福祉部の所管。

文京区
心の中で一礼してからこの場を後にしました。

文京区
春日を通り過ぎて、文京区の外れに到着。
道路にこんな表示をみつけました。
中央のマークは何だろう?


文京区
歌塾「萩の舎」では、樋口一葉も和歌、書道、古典を学んだそうです。




ここで今回の散歩は終了。



毎度、湯島に行く際、通る道ですが、まだまだ新しい発見があります。



日々町も、道も、建物も変わっていくので、



気になった建物は写真に撮っておかねば後悔するなと今日も感じました。



残り続けるのは寺社仏閣ぐらいなんですかねぇ。



相続税がある限り、古い建物の維持は難しいかも。




【にほんブログ村】