立山駅
[立山駅]
富山地方鉄道立山線および 立山黒部貫光立山ケーブルカーの駅です。
屋根の上の風見鶏がカモシカっぽいのが独特な感じですね。




今回の富山旅の最大の目的が「雪の大谷」を見に行く事。



GWにど真ん中の日に行動するため、



移動手段はネットで事前予約をしておきました。



これ、当日だと早朝でも1時間待ちになるらしい。



WEB予約の場合は、当日に身分証明できるものと、



予約時間、番号などを「総合案内センター窓口」で言ってチケットと引き換えます。



5月2日からはGWで混むためか、立山駅から室堂までの直行バス利用になります。



予約をしていない場合は、列に並んでケーブルカーとバスを乗り継ぎ。



指定の時間までにちょっと時間があったので、



駅前をちょっと散策してみました。



立山駅
ここで標高475m。
気温は暖かく、パーカー程度で過ごせる感じ。


熊王の水
竜王ではなく、「熊王の水」。

熊王の水
文字が光って、よ、読めない・・・

おにぎり
駅前で売っていたオニギリ。
富山のお米と立山の水を使い、ギュッと握られています。
山の上で食べようかと思っていましたが、結局帰りの新幹線で食すことに。
美味しかった! 次回もまた買うつもりです。


バス
[E~SORA「立山パノラマ バス」]
立山高原バスの天井部分をガラス張りにして開放感を高めているそうです。
特別車両料金500円別途必要。
運行期間は4月16日から5月31日までの予定。


立山駅
立山ケーブルカーの乗車待ち時間を表す掲示板。
その下にある数字を見ると、3時間以上は表示しないってことかな。


立山駅総合案内センター
[立山駅総合案内センター]
WEBで予約した人はここでチケットと交換します。


らいじぃ
立山のマスコットキャラクター「らいじぃ」。

旗2
正面から見るとこんな感じです。




立山駅から室堂までは、バスで約一時間ぐらいかな。



乗り継ぎがないので、とても楽だと感じました。



立山黒部アルペンルート初心者でも、帰りはケーブルに乗れるから



一応満喫できるんじゃないかな。



立山杉
[立山杉]
富山の県木に指定されています。


称名滝
[称名滝(しょうみょうだき)]
350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝。
国指定の名勝および天然記念物。
日本の滝百選にも選定されています。


立山黒部アルペンルート
左側遠方に見えるのは市街地方面でしょうか?

剣岳
立山といえば「剣岳」。
映画にもなりましたね。


通行証
立山雪の大谷ウォークの通行証。

立山雪の大谷
立山雪の大谷は標高2,390mなんですね。




につづく。




【立山黒部アルペンルート】
http://www.alpen-route.com/
立山駅から室堂までの往復料金:4,310円
(電鉄富山駅から立山駅の運賃は往復2,400円)
いずれも指定席はありません。



【にほんブログ村】