日本橋とよだ
毎度、日本橋で映画を観る際、ここでランチを摂ろうかなぁと悩むワタクシ。

日本橋とよだ
老舗割烹にしては意外とリーズナブルなランチなんです。




“文久3年”と言われても、



何時代なのかイマイチわからない昭和時代生まれのワタクシ。



文久3年とは、1863年で、江戸末期なんだそうな。



本日は日本橋で母の用事があったので、その後でランチを摂ることに。



行列が出来る某有名天ぷら店に行こうと思ったのですが、



一列ではなく、うねうね折れ曲がった列が出来ていたので、即断念。



で、第三候補だったコチラのお店の前を通りかかったので、



表に出ていたメニューを一瞥して、即入店致しました。



日本橋とよだ
[焼魚定食 2,160円(税込)]
入店前からこのメニューを選ぶと決めていたワタクシ。


日本橋とよだ
焼魚は、銀鱈の西京焼きでした。
(肉厚でめちゃくちゃ美味しかった)


日本橋とよだ
ナムルっぽいモヤシの和え物。
これもめっちゃ美味しかった。




母はお弁当的なメニューを選択していましたが、



ワタクシ的には自分の選択がナイスだったと自画自賛。



ご飯は好みの炊き方だったし、



なめこのお味噌汁はシジミ風味でめっちゃ目に良さそうだったし、



いろいろいろいろ気に入りました。



次回一人で映画に来たときも、ここでランチを摂ろうっと。



土曜日ランチとしてはオススメかも。





日本橋とよだ
【割烹 とよだ】
東京都中央区日本橋室町1-12-3
営業時間 11:30~14:30 17:00~22:00
定休日:日曜、祝日



【にほんブログ村】