青梅駅
[JR青梅駅(おうめえき)]
東京都青梅市本町192
開業年月日:1894年(明治27年)11月19日
1924年(大正13年)11月30日に開業30周年で駅舎改築。
鉄筋コンクリート造り3階建てで、現在は閉鎖されているが地下街もあった。


JR青梅駅
ホームをつなぐ通路には古い映画看板が飾られている。




街ぐるみで昭和レトロを再現しているのが青梅駅周辺界隈。



って話は以前より見知っていたのでですが、



下車しようと思ったのは初めてです。



別の駅で会話をした青梅市在住のオジサマがおススメして下さったので、



ちょっくらブラブラ歩いてみることにしました。



看板建築などが残っていて、なかなか面白い町並みです。



image
ひと際、目を引く木造2階建て。

image
二階の窓ガラス奥にある襖が、ちょっと面白い形ですね。

青梅市_店舗
隣にある「油屋」という商店の外壁タイルは螺鈿のように虹色に輝いていました。
写真では見えないけど。


案内板
案内板があるので、メジャーな場所はとても分かり易いです。

大正庵
観光案内所で貰った地図にも載っている「大正庵」。
お蕎麦屋さんなのでアレルギー持ちのワタクシは入れません。
でも、ザ・看板建築って感じでイイ建物ですね。


青梅市 商店
旧青梅街道沿いには立派な建物が多いです。
店舗なのかな?


柳屋
お米や狭山茶などを販売している「柳屋」。
とても趣のある建物で、通りに面して蔵もあります。


柳屋
商品陳列も昔っぽくてイイですね。

柳屋
向かって右側から見た「柳屋」。
この辺りは蔵にあるような「置き屋根」がよく見られるんですが、何故なんだろう?


青梅市 商店
商店街に今も残る看板建築。

青梅市 商店
金属板張りの外観がカッコイイですねぇ。

青梅市 商店
横道で見た猫を全面に押し出した感のあるお店。
たぶんお店だと思うんだけれど、何を売っているのかは不明です。


昭和レトロ商品博物館
地図にも載っている「昭和レトロ博物館」。
野菜も売っているようですが、道を渡るのが面倒で通り過ぎてしまいました。


青梅市 商店
青梅駅に近いところにある店舗。
屋根にある銅板の鬼瓦が特徴的で面白いと思いました。


青梅市 商店
カッコイイですよね。

案内板
姉妹都市の案内板。
青梅市のマークが分かり易くて面白いですね。


線路
突き当りがJR青梅駅。

佐藤質店
踏み切り近くにある建物が格好良くて素晴らしいのです。

佐藤質店
特に蔵の屋根!!
すごく気合の入った屋根ですよね。


佐藤質店
鬼瓦と影盛。

佐藤質店
箱棟部分もとても立派です。
こんなに立派な屋根は初めて見た気がする。


佐藤質店
桟瓦の色もとても綺麗。
素晴らしい蔵ですね。


佐藤質店
素晴らしい工芸品みたいな蔵の屋根で、いつまでも見て居られますな。
カッコイイわぁ~。




意外と発見できないのがカフェ。



あるのかもしれませんが、ワタクシの歩いた範囲では見当たりませんでした。



それにしても蔵の多い町ですね、青梅って。



材木で財を成した家が多いのかもなぁと、ぼんやり感じた次第です。



奥多摩に行く乗り継ぎの駅ですが、



途中下車して散策する人は少ないように感じました。



お洒落な古民家カフェとかあれば、もう少し下車する人が増えるかも?



って、違うか。



姫りんご
駅前で買った長野県産の姫リンゴ。
「そういえば姫リンゴってこういう味だったわ」って感じの味でした。


【にほんブログ村】