牛島閘門
[牛島閘門(うしじまこうもん)]
富岩運河といたち川の間に設置されている閘門で、扉部分は木で出来ています。
1934年(昭和9年)竣工


牛島閘門
今は水位差はありませんが、
いたち川側の標高約3.35m、富岩運河環水公園側標高約2.7mの
約0.65mの水位を調整していたようです。


牛島閘門

牛島閘門

牛島閘門
老朽化した牛島閘門は環水公園整備のため一旦取り壊し、
その後閘室、扉体等の原形復元工事を行い、
閘門扉は建設往時の木製扉に復元して
2001年(平成13年)に環水公園内に完成しました。


牛島閘門
[牛島閘門 上流側門扉]

牛島閘門
[牛島閘門 上流側門扉]

牛島閘門

牛島閘門
国の登録有形文化財となっております。




ずーっと興味があった富岩運河牛島閘門を見て参りました。



富山駅北口から結構近め(でも結構歩く)の場所にあります。



国の登録有形文化財となっているのに、結構ぽつーんと離れた場所にある感じ。



まあ、興味のある人は少ないかもしれんね。



ちなみに、恥ずかしながらワタクシ、



「閘門」という読みを長らく知りませんでした。



坊っちゃんにめっちゃ馬鹿にされたぐらい知らなかった。



閨っていう字に似ているので混乱する・・・と言いたいけど、



多分誰にも理解されない気もする。



皆さんご存知でしょうが、



念のために言うと、読みは「こうもん」です。



【にほんブログ村】