筑波実験植物園
「さくらそう展」なるイベントが4月29日まで開催中。

筑波実験植物園
どれも似たような感じの「さくらそう」なれど、ちゃんと名前が付いているんですねぇ。




現在、筑波実験植物園では、



「さくらそう展」に付随するスタンプラリーを開催中です。



園内に点在するスタンプスポットで押印し、全て集めて受付に持って行くと、



マグネットがもらえます。



マグネット




そんなイベントに参加しつつ、園内で季節の花を愛でて参りました。



ツルタコノキ
[ツルタコノキ(蔓蛸の木)]
学名:Freycinetia multiflora(フレイキネティア・ムルティフロラ)


ツルタコノキ02
[ツルタコノキ]

ファレノプシス・エクエストリス
[ファレノプシス・エクエストリス(Phalaenopsis equestris)]
小さな胡蝶蘭。


ネフティティス・ポイソニー
[ネフティティス・ポイソニー]
学名:Nephthytis poissonii
サトイモ科ネフティティス属の多年草。


クロバナタシロイモ
[クロバナタシロイモ(黒花田代芋)]
学名:Tacca chantrieri


クロバナタシロイモ02
枯れているのかと思うほど黒く不思議な形状の花です。

カキツバタ
[カキツバタ(燕子花、杜若)]
学名:Iris laevigata
準絶滅危惧(NT)


ミツガシワ
[ミツガシワ(三槲)]
学名:Menyanthes trifoliata
睡菜(スイサイ)と称し苦味健胃薬として用いる。


クリンソウ02
[クリンソウ(九輪草)]
学名:Primula japonica
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。


クリンソウ
日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型。

サワオグルマ
[サワオグルマ(沢小車)]
学名:Senecio pierotii
キク科キオン属の多年草。
湿り気のある草地に生える。


キバナオモダカ
[キバナオモダカ(黄花面高)]
学名:Limnocharis flava (L.) Buch.


エキノドルス・アルゼンチネンシス
[エキノドルス・アルゼンチネンシス]

ウォーターポピー
[ウォーターポピー(ミズヒナゲシ)]
学名:Hydrocleys nymphoides


グレビレア・アルピナ
[グレビレア・アルピナ]
学名:Grevillea alpina Lindl.


グレビレア・アルピナ02
上の花が伸びたところ。
吹くと伸びる紙の笛みたいですね。


シラネアオイ
[シラネアオイ]
学名:Glaucidium palmatum Sieb. & Zucc.
県レベルで絶滅危惧植物に指定されている。


シラネアオイ02
[シラネアオイ]

キバナホウチャクソウ
[キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)]
学名:Disporum flavens
ユリ科チゴユリ属の多年草。


シャガ
[シャガ(射干、著莪)]
学名:Iris japonica
アヤメ科アヤメ属の多年草。


ツバキ‘雪見車’
[ツバキ‘雪見車’]

ツバキ・種名不詳
[ツバキ・種名不詳]

カメリア・クスピダータ
[カメリア・クスピダータ]

アニソドンテア・マルヴァストロイデス02
[アニソドンテア・マルヴァストロイデス]
Anisodontea malvastroides


アニソドンテア・マルヴァストロイデス

ヒトリシズカ案内板
ヒトリシズカがあるという案内板の矢印の方向に分け入ると・・・

ヒトリシズカ
[ヒトリシズカ(一人静)]
学名:Chloranthus japonicus
センリョウ科チャラン属の多年草。
まだ咲ききっていませんね。


ヤマドリゼンマイ
[ヤマドリゼンマイ]
ゼンマイ科ゼンマイ属の多年生シダ植物。


スタンプ
スタンプが置いてある場所も見つけにくいのです。
まるで宝探しみたい。
子供が喜びそうですね。


ツルウメモドキ02
[ツルウメモドキ(蔓梅擬)]
学名:Celastrus orbiculatus


ツルウメモドキ
ぐるぐるになった経緯が知りたいわ。

ロドデンドロン‘太陽’02
[ロドデンドロン‘太陽’]
セイヨウシャクナゲ


ロドデンドロン‘太陽’
かなり大きな花の固まりで、遠目からでも目立ちます。

トウゴクミツバツツジ
[トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)]
学名:Rhododendron wadanum
関東の山地に多いことからこの名が付いています。


躑躅
[躑躅]




遠目から見て全て同一の菜の花だと思っていたものは、



実は別の野菜の花でした。



カブ
[カブ]

カラシナ
[カラシナ]

ザーサイ
[ザーサイ]

ゴボウ02
ついでに「ゴボウ」の葉の大きさにも驚いた。

ゴボウ
葉も食べられるのかな?




毎度新しい発見がある植物園。



ちょっと遠いけれど、ついつい筑波実験植物園には足を運んでしまいます。



イベントも面白いし、新しい花に出会えるしで、妙な達成感が得られる場所。



年間パスボートを買おうかなぁと、



中途半端に思案中のワタクシです。



筑波実験植物園
【国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市天久保四丁目1番地1
9:00~16:30(入園は16:00まで)
入園料は310円(みどりの日、文化の日、国際博物館の日は無料)


【にほんブログ村】