内野家住宅
【内野家住宅】
箱根登山鉄道・箱根板橋駅から徒歩7分
観覧料:150円
1903(明治36)年に建設された木造2階建ての住宅兼店舗(昭和55年廃業)


内野家住宅
[2階主座敷の書院]
干網の景色を表しています。


内野家住宅
上の写真の上部を拡大した図

内野家住宅
[2階襖の引手]
何の模様だろうと疑問でしたが、良く見たら、これ、菊ですね。


内野家住宅
当時にしては珍しく2階にトイレがある上、床がタイル貼りです。
当時はとても珍しかったであろう大形サイズのタイル
(材料ロスが多いので贅沢なんです)


内野家住宅
廃墟みたいに見える醤油醸造工場跡

内野家住宅
[醤油を作る樽]

内野家住宅
[穀蔵の壁]
大谷石だそうです。



松永記念館を出た後、ぶらぶらと歩いていて偶然発見したのがココ、内野家住宅です。


未だに個人の持ち物だそうで、現ご当主が入口に座っておられました。


外のなまこ壁に魅せられたので、入ってみることに。


入口で150円を払い、靴を脱いで建物の中へ。


奥からボランティアのガイドさんが出て来て、付きっきりで案内をして下さいました。


じっくり拝見出来ましたが、続々訪れる観光客に建物内は大混雑。


にも係わらず、まだまだ観光客が来るという報告があり、


ボランティアガイドさん不足になっておりました。


一人なのはワタクシのみにて。


っつーことで、ガイドさんの案内は途中で辞退させて頂きました。


住居内には先代のご当主(故人)の生活感が残っており、


一般家庭にお邪魔している感じです。


お仏壇には御位牌もあるし。


お仏壇がとても高い場所にあるもんで、立ったままで挨拶させて頂きましたが、


お仏壇も正座せずに済むバリアフリー化がこれからは進むかもなぁ・・・


とボンヤリ考えてみたりもして。


懐かしい昭和の家財も沢山置いてあり、


何だか、そういう博物館に訪れたような気分でした。


興味深く、面白いので、オススメの建造物です。


12月の公開日は、12月7日(土)・8日(日)の2日間のみでした

【にほんブログ村】