北極
昭和20年の創業の「北極」のアイスキャンデー。
今は一本120円もするんですね~
昔はセロファンみたいなものが胴囲に巻かれているだけのラッピングでした。
あれを捲るのが北極のアイスキャンデーを食べる第一歩でワクワクしたものです。
このアイスの棒は、一本一本位置を調節しながら、手作業で斜めに刺しているそうですよ。


アイスキャンデー
王道は「あずき」。
千葉県民T曰く、「おしるこを固めたって感じですね」。
うん、確かにそんな感じ。言い得てますな。




大阪、なんば戎橋筋の「北極」は、アイスキャンデーが有名です。



ワタクシが子供の頃は、



父が会社帰りに時々大量に買って来てくれました。



当時は、「みるく」が我家の子供達での一番人気で、



最下位は「パイナップル」。



いつも最後まで冷凍庫に残っていました。



食べると歯がキシキシするんですよね。



正しくは、「パイン」だったかも。



他に、「ココア」「イチゴ」があり、



今は「抹茶」「さつまいも」「オレンジ」などの味もあるらしい。



我家の大人の一番人気は「あずき」で、



大人になったら食べられるものなのだとボンヤリ思っていた子供時代のワタクシ。



そんな「あずき」を本日、有楽町の『大阪百貨店』で千葉県民Tにご馳走になりました。



ごっつい懐かしかったし、久々に食べても美味しかったです。



時々食べたい気もするけれど、



昔を知っているだけに、一本120円は、やっぱり高いなぁ~





  


【にほんブログ村】