東京駅丸の内駅舎
[東京駅丸の内駅舎中央切妻御車寄せスロープ]
天皇陛下がお使いになられる入口のため常時閉まっています。


東京駅丸の内駅舎
東京駅丸の内駅舎は、関東大震災(1923年:大正12年)の
マグニチュード7.9でも被害を受けなかったと言われる鉄骨煉瓦造の強靭な躯体。


東京駅丸の内駅舎
アイソレータがあるっぽいところ。




東京駅丸の内駅舎って、毎日見ていても飽きませんね。



これは重要文化財になるほどの建物ゆえなのかも。



再建されて真新しくとも、良いものは良いって感じですな。



さて、この建物には免震工法が採用されているため、



地震の時にはゆっくりと前後左右に揺れるようです。



建物の周囲にはそれらしき構造が見られる気もします。



この免震構造を体感してみたい気もするけれど、



それを体感するほどの地震は体験したくはないという複雑な気分。




  


【にほんブログ村】