ゼンマイ
[ゼンマイ(薇)]
学名:Osmunda japonica thunb.
ゼンマイ科の多年生シダ植物。
葉は「
胞子葉」と「栄養葉」の2種類ある。

ゼンマイ
[胞子葉]
葉身が縮んで葉肉が退化している。
胞子嚢(のう)を密生し、胞子を放出したあとに枯落する。


ゼンマイ
[栄養葉]
三角状広卵形で2回羽状に分裂する。


ゼンマイ
風が吹いたら、めっちゃ胞子か飛びそう~



ちなみにゼンマイとワラビは似ているけれど別物で、


見分け方は、若芽の巻きが一つだけがゼンマイで、


三つ巻いているのがワラビ。


ちなみにワタクシは、それほど熱心に双方を食べるタイプではありません。


出されたら食べるけれど、特に好きってことも無い。


子供の頃には山菜は嫌いの部類に入っておったが、いつの間に食べられるようになった。


そんな山菜の一つであるゼンマイを、小石川植物園でじっくり見ることが出来たので、


ものすごくじっくり見て参りました。


巻いている葉っぱを解したい欲求と、めっちゃ闘ったわ。


「金のなる木」の葉をメリメリと開けたくなる欲求に似ている気がする。


それにしてもゼンマイ。


「大好物だ!!」


とあらゆる食材を差し置いて宣言する人に、未だ出会ったことの無いワタクシ。


ゼンマイには、カロテン、ナイアシン、葉酸、カリウム、食物繊維などがあり、


なかなか有効な栄養素が入っているので、


もしかしたら、健康に気を使っている人が好むものなのかもしれん。




【にほんブログ村】