ハンカチノキ
[ハンカチノキ]
学名:Davidia involucrata
ミズキ科の落葉高木
原産地:中国


ハンカチノキ
花はハエが寄ってくるぐらい「臭う」らしい。
高木で良かった~。


ハンカチノキの案内板
[入口付近にある案内板]
先週来た時は無かった気がする。


ハンカチノキ
携帯(ガラケー)で撮ってみた。
まだまだ使える奴ですのぉ~


ハンカチノキ
花は咲いてから一週間しか見られないんだそうな。




白い大きな2枚の苞葉が垂れ下がるため、日本では「ハンカチの木」と呼ばれる植物が、



小石川植物園にありました。



「幽霊の木」とも呼ばれるんだそうな。



それを見に来た訳ではないのだけれど、



入口に案内板が掲げてあったので、その矢印が示す方向に行ってみることにしました。



案内板の割には、人は殆ど居ない不思議。



桜ほど分りやすい花ではないのが敗因かしら。



それ以上に、林のように高木に囲まれる小石川植物園の中にあっては、



それほど目立たないからかも。



目を凝らさないと、白い花(苞葉)が見えない。



木の周囲をぐるりと廻って、自分の視力でも見えるポイントを探してみました。



カメラのズームを使って、ようやく見えるレベル。



高機能のカメラだと、白い包葉の葉脈までも見えるんだろうなぁ。



そう考えると、今のものより高機能なカメラが欲しいような、



それほどでも無いような、



モヤモヤした気分。



来年まで、この木の存在を覚えていられるかは謎ですが、



今年印象に残った植物の一つではあるのは確か。



今まで何度も此処に足を運んでいるけれど、



その存在を知ったの今日が初めてなんだもん。



そしてこういう出会いがあると、やはり、植物図鑑が欲しくなるのよね。



先日散歩先にあった書店で図鑑を発見したのだけれど、



諭吉越え価格だったので躊躇して止めといた。



あれ、色からして印刷が大変だと思うから、刷数はそれほどでも無いんだろうなぁ。



やっぱ、欲しい・・・。







【にほんブログ村】