華厳の滝
[華厳の滝(けごんのたき)]
発見者は勝道上人と伝えられています。
落差は97m
利根川水系大谷川


神橋付近からバスに乗り、1000円かけて中善寺温泉下車。

華厳の滝を観に行ってきました。

いろは坂を通るのは初めてだと思うワタクシ。

バスは人が殆ど居らず、千葉県民Tとワタクシのほぼ貸切状態。

快適に進んで45分程度で目的地に到着致しました。

って、途中から降ってくる雪に、無言の後に失笑する我々。

東京の予報が25℃だったもんで、そんな感じの服装で来ちゃったよ。

まあ、分厚いストールは持っては居ったのだが、

ダウンジャケットじゃないと意味が無いって感じの気温。

バス路線図
明智平ロープウェイに乗っておったらどうなっていたんだろう?

博物館の看板
[栃木県立日光自然博物館]
なんでクマなんだろう!?


華厳の滝への歩道
雪で歩道が消えておるので致し方なく車道を歩く我ら。

標高表示
[標高1,274m]
ってことは、関西にある金剛山より高いな。


エレベーター内
[華厳滝エレベーター 530円]
文字通り足元を見た感じで有料です。
シーズンオフだからか30人乗れるエレベーターを独占する我々。


華厳の滝のエレベーター
100m下るエレベーターを降りると、そこは左側通行の長いスロープ。

華厳の滝へ
一応、なだらかな坂だと言っておこう・・・。

トンネル階段部分
そして、なだらかな階段を下り・・・

トンネル出口
観瀑台へ
(白いトンネルの出口も雪で白かった)


観瀑台
ここから涅槃の滝が見られるというが、どれがそれなのかサッパリわからん。

華厳の滝
[華厳の滝の下の方]
滝行をしたら間違いなく絶命しそう。


華厳の滝
[華厳の滝の下の下]
見るからに冷たそうな水です。


華厳の滝
[華厳の滝]
写真で見ると伝わりませんが、飛ばされそうなごっつい暴風が吹いています。
しかも体感気温がバリバリ低い!!
強風で煩悩までも吹き飛ばされる感じ。
ここはパワースポットかもしれん。
少なくともこの時は。


ホワイトボード
観瀑後にエレベーターで地上へ。
ホワイトボードを見て全力でツッコミを入れてみた。


ガチャポン
そういえば観瀑台の売店で、このまま帰るのは癪だということでガチャポンをしてみた。
[200円/回]


おしるこ
地上で寒くてたまらず、珈琲ではなくお汁粉を飲むワタクシ。
[350円]
ごっつい甘かったが旨かった。
(器は益子焼かと思われる)


日光といえば、いろは坂。

いろは坂の先にあるものといえば、華厳の滝。

ってことで、バスに乗って極寒の暴風の中、観光して参りました。

マジで自分たちが馬鹿なんじゃないかと思ったわ。

そしてその過酷な道程ゆえ、深く記憶に刻まれた気がする。

ごっつい寒くて、

こっつい強風で、

ごっついスギ花粉が舞い散る中、

極寒のスポットで滝を見る我ら。

もう、これだけで修行って感じ。

前日までの煩悩が身体から叩き出された感じがしたわ。

ここ、パワースポットなんじゃね!?

と思ったら、がっつり心霊スポットだったんですのね。


明治36年(1903年)5月22日、一高のエリート学生、藤村操(ふじむら みさお)が『嚴頭之感』(がんとうのかん)の文を残し、日光の華厳の滝で投身自殺をした。
『嚴頭之感』は、華厳の滝近くの楢の大木の幹を大型ナイフで削って書き付けられた。

この死は、「哲学的自殺」として宣伝され、「人生不可解なり」が流行語となる。また、「立身出世」を美徳としてきた当時の社会に大きな影響を与え、後を追う者が続出。藤村の死後4年間で同所で自殺を図った者が185名(内未遂40名)にのぼったという。それとともに観光名所としても全国に有名になった。

しかし、昭和61年(1986年)、その自殺は失恋によるものと報じられる。
失恋の相手は馬島千代子(代官山ヒルサイドテラスにある重要文化財旧朝倉家住宅の所有者である朝倉家の縁戚)であると判明した。


そうかー。

納得できんけど、

そうなのかー。

ちなみに帰りのバスは満席で、ギュウギュウ状態でした。

どこからこんなに人が!?

と不思議に思うほど。

世界遺産だからか、外国人観光客ばかりでした。

シーズンオフだとここに来るのも安いのかしら。

ちなみにワタクシが神橋バス停→中善寺温泉→華厳の滝→JR日光駅間で使った費用は下記。

神橋バス停→中善寺温泉バス停 1,000円
華厳の滝(徒歩5分)エレベーター 530円
ガチャポン 200円
お汁粉 350円
中善寺温泉バス停→JR日光駅 1,100円


がちゃぽん
華厳の滝にある売店前のガチャポンを200円で回したら出てきたもの。

【にほんブログ村】