image

物を紛失することがあまりないのですが、

一昨日から探し続けているのがカメラのバッテリー。

使おうと思ってカメラの電源を入れたら付かなかったため、

予備バッテリーを取り出すべく袋を見たら

記憶ではそれを入れていたはずなのに、ありませんでした。

取り出した記憶が無いため「???」が大量に浮かんだものの、

家に置いてある可能性も否めず、帰宅後ありそうな場所を捜索。

だが、無い。

image
こちらは古いカシオのカメラ。

代替品として古いカメラを取り出したものの、

こちらもバッテリーが使えない(カメラも使えない)っぽい。

今月中にどうしても必要なので、

本日会社帰りに大型家電量販店でバッテリーを調達して参りました。

当初Amazonから取り寄せようとしたものの互換バッテリーだらけで、

探すのが面倒になったため店舗へ。

バッテリー価格は2,000円~4,000円程だと想定していたのですが、

実際は驚きの7,240円(税込)でした。

いっそコンデジを買おうかと考え、スタッフさんに案内されて売場へ。

とりあえずカシオ製品を見たところ、選択肢はほぼ無い。

買いたいと思ってもメーカーに在庫がなく、6カ月待ちになるそうな。

「ではSONYは?」と訊いたら、

「SONYはお高いですよ~」と商品を見る前に言われました。

如何ほど? と思いながら価格表示を見たら、六桁でした。

驚愕。

半導体不足で供給が不安定な上、

ミラーレス一眼カメラ優先で製造しているため

旧来のコンデジは入手困難になっているらしいです。

こんなニュースがありました。(リンクは以下)



そうかぁ~、キャノン、売り上げ増かぁ~。

「じゃあ、カメラでは無くバッテリーを買っておきます」

と言いつつも、純正ではないバッテリーはどんな感じなのかを訊いてみた。

互換バッテリーはAmazonで購入可能だけれど、安価な分、持ちは悪いらしい。

耐久性以前に使用時間が短いのだとか。

「寒い時はバッテリーの減りが早いので純正の方がいいですよ」

と言われたので、納得してレジに向かいました。

ちょっと興味が湧いたので使っているコンデジの中古相場を見たところ

明らかに買った時の価格以上でまたまた驚きました。

これは大切に使わねばなるまいって感じ。

ちなみにイマイチだと思っていたカシオのコンデジの中古価格は、

「まあ、そうでしょうね」って感じで、改めて納得。

ついでにミラーレス一眼カメラの価格を見て、仰け反りました。

これはド素人のワタクシが手を出してはいけない世界ですわ。

これと比較すれば、購入を迷っている20万円のスマホの価格が可愛く思える。

スマホは写真以外の機能が多数ありますしねぇ。

と言いつつ、まだスマホを買うとは決めていないんですけど。

高級品は、より高級な価格に。そんな時代になっちゃったんですね。

これからは、十分に吟味して長持ちするものを買わねば。





蛇足ですが、使えなくなったバッテリーはそのままレジで引き取って貰いました。

一石二鳥。そんな感じ。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ