image

日中友好会館「~北京国際美術ビエンナーレより~ アートで見る中国のいま」の展示に併せ、

『中国茶芸苑 馥(ふく)』では「美術館コラボめし」が今日までメニュー入りしています。

中国の話に良く出てくる油条(ヨウティヤオ)を一度食べてみたくて、

展示を見た後で立ち寄って参りました。

image
美術館コラボめし 1,200円(税込)

油条(中華揚げパン)と中国粥のセットです。

「油条はもう一本お代わりできます」

と言われたものの、お粥で胃が膨れて一本で精いっぱいでした。

image
熱々の油条。

image
左の辛いタレに付けて食べるんだそうです。

image
こちらのラー油っぽいものは豚肉に付けて食べるそうな。

image
お粥にはピータンが入っていました。
実はワタクシの苦手食材です。

お粥に入れて食べるものだと思っていたので、

いろんな食べ方があるんだなぁと驚きました。

油条は仄かに甘い気がするのですが、

小麦の甘さなんですかね?

粉砂糖に付けて食べると美味しそう…と思いました。

それにしても総じてしょっぱい。

美味しいんだけれども。

ってか、油条をテイクアウトできればいいのに。

ちなみにワタクシの舌では巧く発音できそうにありません。

油条(北京語:ヨウティヤオ, 広東語:ヤウティウ, 台湾語:イウティアウ)

うーん、難しい。




久々にここのビャンビャン麺が食べたくなったので、

次回はそれ目当てで散歩しようと思います。

image


image
【中国茶芸苑 馥(ふく)】

東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング1F
営業時間 11:00~20:00
定休日:不定休
https://www.instagram.com/fuku2002_/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ