image

またまたJAタウンから長野県産のリンゴをお取り寄せしました。

前々回は「シナノリップ」前回は「サンつがる」でしたが、

今回は「シナノドルチェ」。

旬が短い品種なので、今しか食べられないリンゴです。

ゴールデンデリシャス(種子)と千秋(花粉)を交配して生まれた、

9月上旬から中旬にかけて成熟する早生種。

ウチの近所のスーパーでは見かけない産直のリンゴを食べてみたい!

という欲望を抱き、

大量に取り寄せると飽きるので、量が少ない箱をポチっておきました。

image
「飯綱町は、雨が少なく、標高が高いため昼夜の気温差が大きく、
味ののった美味しい果実ができる産地として有名」
なんだそうです。

image
11個入り。

千葉県民Tに2個差し入れする前に、一つ食べてみましたが、

ワタクシ、これ、最高に好きかも。

甘ったるくなく、果肉は固めで味は爽やか、ジューシーで美味。

人生初ですが、続けてもう一つ食べてしまいました。

我慢が出来なかった。

今年は旬のリンゴを随時産地からお取り寄せするのも良いかも。

ネットで見てみたところ、

シナノドルチェの2021年の販売を終えているファームもあるので、

今のうちにもうひと箱お取り寄せしておくべきかで迷い中。

こりゃ、あっという間に食べちゃうかもなぁ。




にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ