image

昨年、リンスにすると良いと教えてもらってから買い続けているのがクエン酸。

頭皮が疲れている時や、髪がゴワゴワしていると感じる時に使ってます。

リンスの代わりに水で溶いたクエン酸で頭皮と髪を濯ぐと汚れが落ちるらしく、

翌朝は髪がしっとりフワフワに纏まります。

個人差はあると思うのですが、ワタクシには合っています。

毎日ではなく、「あ、やった方が良いかも?」と感じた時に使いますが、

効果を実感できるので、飽き性のワタクシでも続けていられるんだと思います。

酸なので使い方には注意が必要ですが、

掃除に使わずに髪だけで消費しているので、ワタクシの場合は問題ないかと。

リンス代わりに使うとは申せ、濯ぎ忘れや、長時間放置すると逆効果です。

たぶん、頭皮も髪も荒れます。やったことないけど。

使い方は以下の通り。

クエン酸リンスはそのまま使うと酸性がきつく、逆に髪を傷めてしまうこともあります。
そのため洗面器に半分ほどはったお湯の中に、大さじ1から3ぐらいのクエン酸リンスを混ぜて使いましょう。
このリンス液の入った洗面器に髪をひたしたり、髪にふりかけたりしたら最後にお湯ですすいで終了です。
クエン酸をつければ開いたキューティクルはすぐに閉じるので、時間を置く必要はありません。
髪の毛に残っていた石けん成分を洗い流す作用もあるので、すすぎは十分に行いましょう。

保湿成分を追加したい場合は、グリセリンを大さじ1足すと良いらしいです。

グリセリンをお湯で溶かすのが面倒なので、やったことはないけど、

脛が荒れている時にグリセリンは効果がありますもんね。

ベタベタするので衣類着用時は要注意で面倒ですが、

たま~に塗っております。

現在頭皮に不具合があると感じているワタクシ。

しばらく使って、頭皮を整えようと思います。

心も身体も乾燥しやすいお年頃なのよ~。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ